★原田眞人監督作品
原田眞人監督と言うとの、自分は、劇場デビュー映画「インディアンサマー さらば映画の友よ」(1979・主演:故・川谷拓三)が好きんが。

だすけんに、映画「関ヶ原」が、原田監督と聞いて興味が出て来て。

関ヶ原

映画の日に観に行って来たこての。Tジョイ長岡新潟県長岡市)に。
夜の回らったけど、結構な入りらったて。
やっぱ年配者が多いという印象らけども、わあ~けえ~もんも結構居たて。


★岡田准一の本気度が伝わる
観て行くとの、主役の石田三成を演じる岡田准一本気度が伝わる時代劇であり、進取の時代劇という印象も受けるがいの。

関ヶ原 (2)

岡田の大将はの、全編に渡り、全身全霊の演技で集中してたて。
やっぱ、こんだけ役をこなしてくっと、深み、貫禄も出て来るこっつぁ。
最早アイドルタレントの域を超えてる役者ぶりじゃねえがろっか。
面構えも中々なもんらよ。

忍者・初芽役の有村架純も、演技が増して来て、デビュー時に比べるとの、格段に魅力的になったて。特に目の輝きと言うか、存在感の強さが浮き出てが。
色気も肢体に漂い出して来たがねえか。
素敵らねかの。


★まひろちゃん登場
ほんでの、注目は、V5を成し遂げた長岡市の11歳の空手少女高野万優(まひろ)ちゃん東京五輪空手アンバサダー)の映画デビューらこての。
石田三成の娘役と言う設定んが。
ほんの僅かなカットしかねえがろも、立ち居振る舞いとか、表情とかとても凛としていて。
ほう~ なるほどお~と言う感じで、侍、武士の娘と言う雰囲気がキチンと醸し出さいて、ちゃんとの、印象を残してたいの。
なぜに彼女をここで起用したがあか、原田監督の意図がちょい垣間見えるような気がしたもん。

万優

音楽も進取で、やはり原田監督らしい選曲んがねっか。
観客の心理に影響を与える音の使い方も、いかったて。

西軍・太閤秀吉役の滝藤賢一が、とても凄味のある演技で、迫力があって、素晴らしかったのお~
どこか仲代達也さんを思わせるみてえな。メイクも上手く強烈らった。

大御所の役所浩司さん演ずる東軍・徳川家康は、ああこういう感じらかもと言う家康像に、自分としてはの、ピッタリらったと思うて。
家康ってこうらすけ、だっけん勝つし、日本を治めたんがあ~なと言う、そういう感じ。
NHK大河ドラマ「天地人」の故・松方弘樹さんのあくの強い家康も良かったろも、役所さんも納得したて。

あとの、長岡市の関係と言うかの、与板地域に殊に関係が深い与板藩 井伊家の祖井伊直政北村有起哉)、与板城城主・直江兼続松山ケンイチ)が出てくっが。
この直江兼続の設定は、うん?と思たて。妻夫木聡イメージが余りにつえ~すけ。
もしかすっと、こういうキャラだっかもしんねえなみたいなリアルさと言うかの。

そうそう、感じたのはの、クライマックスの合戦の場面もそいがあけど、どっか故・工藤栄一監督の映画「11人の侍」を彷彿とすっとこがあったみてえな気がしたいや。


★ワ~イ!生まれんくて良かったあ~
しっかし、ほんに、こんげん時代に生まれんくて良かったと思たて。
ぜってえ、やらすけ。
生むなのオレを。
頼まのオフクロ!(あっ、2年前に死んだんだ。ウッヒャ~!)。

マジ大変らって。冗談らねえがすけ、おめさんたち。

たぶん居たら、のらりくらりの勝手気ままに生きてる自分は、真っ先にブッタ斬られたんじゃね。
首刎ねられたんじゃね。さらし首になったんじゃね(笑顔で)。
あれこれ何だかんだグダグダ言うし(大笑い。ア~ハッハッ)。

あっ、でも、上手く生きたか。
オレって、そいなりに頭も使うがあすけ。ウシウシ。
どうら、スゲエろお~

映画「関ヶ原」、オススメらいの!ぜひ、観てくんなせの!


Tジョイ長岡 参考映像





エンターテインメント ブログランキングへ 


ほんじゃね。

平成29年9月5日


banner (1)  
 
自分のYoutube チャンネル
 

クリック 
Jungka N 


をご検索下さい


自分で取材した映像や自作映像作品等がご覧いただけます。


大人気 超デカ盛り!!
大人気の大衆食堂「喜味屋」!!(新潟県長岡市摂田屋)
長岡洋風カツ丼とチャーハンを食すビックリマーク





ぜひご視聴下さい