QONJAPANの歴史を刻め!!!

ファウンドフッテ―ジで日々感じた事を新潟県長岡市を軸に綴ります! どうぞ宜しく。

自分の人生に歴史を刻んでゆこう!

ディズニー

映画「メリー・ポピンズ リターンズ」観た!Tジョイ長岡


★心高鳴るミュージカル映画

泣けたあ~

とにかくの、メリーポピンズの登場シーンと、クライマックスの爽快な青空の場面が。
すこぶるカッチョ良くて。


作品の舞台、イギリス・ロンドン特有の曇り空や、立ち込める霧とかを覗かせる気候風土。

そいもあってか、時折、雲が切いて露わになる青空の意味合いが、さらに心を高ぶらせっがあて。


他にもあれやこれやとファンタジー色濃い場面、往年のハリウッド映画黄金期のようなミュージカルが満載で、引き付けっが。飽きさせねえが。

メリ

★一抹の寂しさを残していくヒロイン

メリー・ポピンズ役のエミリー・ブラントらろも、昔のジュリー・アンドリュースが、カリスマ的存在感がつえかったんのに比べて、インパクト面じゃそりゃよえ~が、バランスの取いた美しい容姿の彼女は、彼女なりの独自な雰囲気を醸し出して、好感を持てたて。


ちょいキツイ感じって言うかの、クールさも漂うがろも、その出過ぎんとこが、作品全体のバランスを保ってたみてえな。

だっけん、クライマックスの大きな感動が待ってると言ってもいいかもらて。

ほして、そこにの、彼女の果たす役割、存在に、深~く印象が残って行くというか。

一抹の寂しさを観客の心に残すってんのは、今作の彼女によるヒロインが、的確らったと言うことらろう。

そいにしてもの、あの斬新なシチュエーションホラー映画「クワイエット・プレイス」での母親役らったんか?全然気付かんかったて。


作品としての流れは、前作(1964年製作)を結構、忠実に踏襲してんのが分かっが。

リターンズではありながら、そこにはちゃんと敬意もああがあて。


俺は、良かったて。気に入ったて。

途中でも、何度もウルウルさせらいての。

幼い兄弟達のセリフとかに。

この設定がまた、人間ドラマの意義を強めてがいの


しっかし、予告編て、ほんの僅かな場面らったがあね。

余りにもゴージャスな展開がふんだんにあっすけ。

それはお楽しみらこての。


★吹替版は平原綾香

そいでの、たまたま吹替版で観たがあて。

ほしたら、あっ、そうら、確か、平原綾香さんがメリー・ポピンズの声と歌を担当してたがよねと、だんだん思い出して来て。

そうらあ~ 彼女らったがらと。

 

平原綾香と言や、当地(新潟県長岡市)には、これはもうぜってえ欠かせねえディーヴァらっけん、そのイメージも被さって来っがらろも、話が進む内に、自然体になってくうが。

だすけんの、彼女の声とイメージのお陰で、女優のクールさに柔らかさ、温かさが加味さいてると思たがあて。

こりゃ当地のもんなら、特に観んきゃらねか。

但し、「ジュピター」は歌わねっけんの、ばあちゃん、あねさま。


★ジュリー・アンドリュースに出てほしかった

監督のロブ・マーシャルって、「シカゴ」等、ミュージカルもんを得意とすっがねかて。

そういう点で随所に、その実力を感じさせる演出が見受けらいたて。

 

あとの、「チキ・チキ・バン・バン」、旧作「メリー・ポピンズ」等出演のディック・ヴァン・ダイクが出てがあよ。

あとで知ったがろもの。


そうなりゃ、欲言や、ジュリー・アンドリュースも出てほしかったて。

あの風船売りが、もし彼女らったら、感動の度合いがさらに高まったと思う気がすって。

重要な存在のがあもん。


確かにこれはの、旧作観てから観んのも楽しいかもら。

お話にも入り易いしの。

比較して観んのもオモシイ。


★この世はファンタジー

いやあ、ただ、ディズニーらよね。

ディズニーのスピリットがよお~く顕わいてが。

そいを今作は、一層明瞭に見せてくいたと思うがいの。


ハッピーエンドのの、ラストのメッセージに、改めて意識させらいて、気付かさせらいたて。

涙腺ボ~ロボ~ロ。水浸し。

もうの、ヤバかったいの。

ディズニー映画でこうも泣けたんは、今作が初めてんが。

そいだけグッと来たがあろうのお~


ウォルト・ディズニーって、この世の中てもんは、リアルと言う味気ない空虚なもんでねくて、観方変えりゃ、ファンタジーのがっけんと。

ディズニーは究極、それ言おうとしてがねえろっかのお~?

日々ファンタジーに包まいて、全てが廻ってがあすけと。


風船が浮き上がっか、地面に落ちっかは、おめさん達次第らよと。

幸せな日々、人生を掴むんは。


この映画はの、お子ちゃまはもちろん、今を生きる大人こそ、観るべきんがあねえろっかのお~

そう思たがあて。


ほんに、多くの人に観て貰いてえ。

心が爽快に、軽やかに、気持ち良くなっし。

ああ、そうらよなあ~と、マジ頷くすけ。


めりはる
 

映画「メリー・ポピンズ リターンズ*吹替

只今、Tジョイ長岡(新潟県長岡市)大ヒット上映中!

オススメらすけの!



 エンターテインメント ブログランキングへ 


ほんじゃね。 

平成31年3月7日


banner (1)  
 
自分のYoutube チャンネル

クリック Jungka N 


をご検索下さい
自分で取材した映像や自作映像作品等がご覧いただけます。

大人気 超デカ盛り!!
大人気の大衆食堂「喜味屋」!!(新潟県長岡市摂田屋)
長岡洋風カツ丼とチャーハンを食すビックリマーク




ぜひご視聴
下さい

ディズニー映画「シンデレラ」観た。Tジョイ長岡(新潟県長岡市)

ミッキーディズニー映画「シンデレラを観た目
先月、映画カチンコの日。
遅かったことっもあって、行ったら日本語吹き替え版しかなかったんでそれを観賞。
新潟県長岡市Tジョイ長岡

とにかく若い女性客が多かったね。後はカップル。
俺は中年にひひ でも、抵抗なく入れたのは、この作品が、自分の幼少期からの王道のメルヘンだから。

思い返せば、幼児の頃、信州に家族旅行した先の宿の食堂にあったテレビテレビで、どこかの国が作った実写の「シンデレラ」が放映されてて、それを夕食後に家族全員で見入ってしまった
宿の方もどうぞと最後まで見せてくれた。それだけ面白かったのである。
あの時のシンデレラが、ガラスの靴を置き去りに、急な石段を走り抜ける場面が今も蘇って来る。
幼児ながら、既に本とかで何回か観ていたのだったが。

そんな訳で、あの頃を思い返して、この新作の「シンデレラ」を懐かしんで観たような感じでもある。 

姉ちゃん2
*家族旅行してた頃の紫タイツでお出かけファッションの家の姉ちゃん。懐かしいなあ。こんな時代。そんで今思うと、ばさま、じさま、おじさんも連れてってあげれば良かったなあと

シンデレラの原作は明確でないらしい。ヨーロッパから生まれたことは確からしいが。
しかし、感心なのはやはり、女性の心を掴む要素がふんだんに散りばめられていること。
そして、誰もが分かり易く物語に引き込まれる心理描写、展開が出来ていることだ。
これは、ラブストーリードキドキの金字塔なんじゃないのか。

◆Tジョイ長岡ロビーにあった「シンデレラ」のガラスの靴です。スマホスマホで茶々っと映像リポートしました。どうぞ、↓ご覧下さい!!
 

「シンデレラ」とは、繰り返し観ても引き込まれる普遍的な愛の物語、ラブストーリーなのだろう。
今回も。ジーンと来るものがあった。大泣きじゃないけど、涙涙が滲んできた。

華麗な美しさと、ゴージャスさがある。誰もが憧れるであろう。それを満たしてゆく。
そして、シンデレラの青いドレスが凄く脳裏に焼き付く。

意地悪な継母のケイト・ブランシェットとその娘たちの描写でも分かるように、全体的には抑え気味の演出になっていて、スピィーディに話が進むのはディズニーらしいというのか。
ファンタジーに重きが置かれてるということだろう。

ヒロインの女性も適役だったのではと感じる。真の美しさを映像として見せようとする上で。
ナチュラルなイメージ。 

シンデレラ
 
王が王子に、「利益のためでなく、愛のために結婚しなさい」と諭す明瞭なセリフは、心を打つものが。
でも実際はそうじゃねえだろ、何言ってんだよの世界かもしんないけど。
特に日本は未だに感が(笑)。図星じゃね。でも、ファンタジーでは真理なのである。
そうありたいと確認する。

シンデレラに母親が宿す「勇気と優しさ」の精神遺産もそうだ。
これが忠実に物語の軸として貫かれる。これはもしかすると、ウォルト・ディズニーの、アメリカアメリカのカーネギーとか偉大な経営者たちのポリシーの様な気も。
人は何を信じるのか?現実か虚構か。真理はどこに。

最後の「私はあなたを許します」。これも勇気であり、勝利?これぞ勝利?
いや、それだけシンデレラの心がさらに高次元に上昇、到達したということである。

シンデレラ役の高畠充紀、王子役の城田優はなかなか適役だったね。
王子が城田優とは観てる間中気付かなかった。フェアリーグランマ役の朴絽美もいい感じだった。
ビビデバビデブの言葉。呪文。そうか、シンデレラだったんだよなあ。思い返した。

関係無いけど、この映画のケネス・ブラナー監督って、アメリカの実験映画の先駆者であるケネス・アンガーと関係があんじゃないよね。どうでもいいけど。


エンターテインメント ブログランキングへ


ほんじゃね

平成27年6月23日


banner (1)
 


それと、BIGニュース注目です。

 
NEWYoutube でチャンネルテレビ を持ちました!

クリックN Jungka

qon_icon_I

でご検索下さい!


自分が取材した映像や自作映像作品等がご覧いただけます。



2013年8
に、ロシアロシア国旗(ハバロフスク、ウラジボォストーク)に一人で行って飛行機 取材した、

映像ビデオカメラアップ しました。


松たか子、May J. ビックリ? 「アナと雪の女王」 ロシア版?
 "Frozen" Russian version?  
 

ぜひご視聴下さい!



目さらに情報ダウン


★堀江貴文氏創設の
まぐまぐ」で、


自分
の有料メールマガジン本

ポスティン ジャーナル

(ペンネーム:大野田健)

  


平成
258から毎週金曜日発行で、スタート!!

皆様のお陰で、 98 に到達しました!!


毎月324円
(5回発行)


★刺激的な話題

 ・亡命者スノーデン氏(元NSC)とアメリカアメリカの陰謀

・柏崎刈羽原発放射能マーク再稼働問題の裏側

・山口県山村連続殺人事件悪に観る日本の未来

・伊那市の井上井月

その他、中国、韓国、ロシアについて等々刺激的に綴ってます。aya


これからも頑張って皆様へお届けします。


ご興味のある方は、どうぞご加入下さい。


ポスティン ジャーナル アイコン

 クリック*詳しくは、こちらをクリック(加入登録できます)


バックナンバーもご購読できます。

 
どうぞよろしくお願い申し上げます!


カテゴリー
タグクラウド
ギャラリー
  • ★青島ラーメン食いに「青島食堂 曙店」へ!新潟県長岡市
  • ★青島ラーメン食いに「青島食堂 曙店」へ!新潟県長岡市
  • ★青島ラーメン食いに「青島食堂 曙店」へ!新潟県長岡市
  • ★青島ラーメン食いに「青島食堂 曙店」へ!新潟県長岡市
  • ★青島ラーメン食いに「青島食堂 曙店」へ!新潟県長岡市
  • ★青島ラーメン食いに「青島食堂 曙店」へ!新潟県長岡市
  • イーストウッド監督&主演 映画「運び屋」観た!Tジョイ長岡
  • イーストウッド監督&主演 映画「運び屋」観た!Tジョイ長岡
  • イーストウッド監督&主演 映画「運び屋」観た!Tジョイ長岡


  • ライブドアブログ