QONJAPANの歴史を刻め!!!

ファウンドフッテ―ジで日々感じた事を新潟県長岡市を軸に綴ります! どうぞ宜しく。

自分の人生に歴史を刻んでゆこう!

映画

★竹内まりや ライブ映像 初映画化作品 観た!Tジョイ長岡


★竹内まりやのグロリアスな人生

俺とはぜってえ出会わんろうし、おたげえぜってえ過ぎ去るろうて。

好みもあっしの。それはまあ置いといてと。


デビューから、夫となる山下達郎との出会いとか。

世の中にはこういう風な、人生が恵まいてる人が居んだなあ~と。


それをまた、本人が穏やかに振り返れっと。  

だっけん、歌にも、暗さや翳りを、余り感じねえがなと。  

そりゃ、しっとり聴かせるバラードもあるにはあっが、
そう感じはしねえフィーリングんがあて。


妙に、そこにいつもホッとさせらいてるみてえなとこもあって。

山下達郎もそいがあて。

ある意味、殆ど現実感がねえてゆうか。  

ほいと、何らろう、竹内まりやのあの歌声もそうさせっがあろかなあ~

独特の響きらよ(二人供ね)。 

今回観て聴いても、また、そう思たろも。

そいも、こん人の恵まいた天性んがらと思たて。

そういう風に、彼女が、幸福であり続けらいんのは、何々らろうと。 

ラストに流いる映像に、その意味が、もしかしてあんかも。

家族とか、生まいた場所とか。  

あの光景や正に射す光を観てっと、そう思えたが。

 

この締めの映像を観てたら、自ずと何かウルッとなって来たがいの。

そいまでのライブ映像やインサートさいる現在のインタビュー映像の
積み重ねもあって。  

ジーンと来っが。

 

映画の構造的に、こういう持ってき方もあんのかと。

こういう音楽映画もあっかなと。

これはの、そう、竹内まりやのこれまでの人生そのものを表してがあて。  

幸福に満ちたヒロイン、シンガーソングライター、女性、妻…として。

そう、とてもの、竹内まりやというヒロインの、一本のゴージャスで素敵な、
真実の映画らったて。

「souvenir the movie Mariya Takeuchi Theater Live」

竹

観客層は、20代後半~70代前半ぐれえらったかな。
 

そいなりに入ってたし。

この観客、ファン層を観ても、彼女は恵まいてるような。

人はホント、あれこれ色んな人生を歩む訳んがあろも。 

そいと、竹内まりやの人生について、そりゃこっちじゃ計り知れねえもんがあっろうと
思うろもの。

 

同じくつい最近、やはり女性シンガー、
レディ・ガガ主演 映画「アリー スター誕生」を観たがあて。

この作品はこの作品で、ある面、シリアスな凄味というドラマの点では、本作と対極に
あっがあて。  

見応えのある、中々すんばらしい音楽映画らったいの。

★ニューミュージックをライトフィーリングにした

竹内まりやというとの、デビューシングル「戻っておいで私の時間」(ドナ・サマーの歌にインスパイアされたんかな)や「ドリーム・オブ・ユー」を、
リアルタイムでシングルレコード購入して、そん時思たんが、
何か風が変わった感じって言うかの。
 

ニューミュージックも、よりライトフィーリングになったみてえな。
そいが。
彼女かららねえろっか。そういや。  

そいまでらと、どっかま~ら、どことなく暗さを引きずってたみてえな
感じらったがあて。


ほいとの、河合奈保子の「けんかをやめて」「Invitation」のシングルレコードも
こうたし、LP「VARIETY」もこうたがいの。 

そっからあとはワアリイろも、こうてねえろもの(スイヤセ~ン)。

最近じゃ、図書館からベストCD盤借りて聴いたて。  

ああ、あと、映画「劇場版 はいからさんが通る 前編&後編」を観た時に、主題歌を
彼女が作ってて、それ聴いたがあて。良かったいの。


あとの、山下達郎(当時、ラスト・ステップが好きで)。 

妻である彼女のライブで毎回らろう、バックでサポートして支えてる(守ってるって
言った方がイイろか)姿がとても印象的で、近いがよね。

常々、舞台れも、傍に居て繋がってると言うか、アーティストの夫婦で
あんましこういう場面観たことねえよなと。

感心。

この二人の後を追ってんのが、布袋寅泰と今井美樹の夫婦らねえろかなと。


竹 (2)

そんで、思い返したんは、数年前にあった長岡市立劇場での山下達郎コンサートに
行きてかったことらて。 

発売と同時に、直ぐチケット売り切いたがあて。

ああ、観てかったなあ~


★アメリカンポップスが繋ぐもの

竹内まりやは、アメリカに留学してたことや、スタジオ録音をしたこともあって、
原点に帰るみてえに、アメリカを訪れる場面もあっての。 

それもスッゲ幸せそうのがよね。

あの当時に、アメリカ録音してたんもラッキーらねえろか。  

留学が活きたこともあったんかは知らんろもの。


たぶん、LAらと思うろも、そこの中古レコード店に立ち寄って、レコード探しを
すっがよ。 

取り出したんが、バリー・ホワイトのLP。

へえ~ 俺は、氏の「愛のテーマ」が好きらったがいの。  


話によっと、山下達郎は、同じくレコード探しをすっ時、手袋嵌めてやっとか。

なるへそ、早探すためとか、汚さんようにとか、そういうことなんかな。

だっけんの、二人に共通すんのは、アメリカの50年代~80年代のポップスんがあろ。 

一つに繋いでるもんて。

これんがあて。こっからんがあて。  

明るうて、爽快で、気持ちを楽しくさせるポップンな曲。

どっか乾いた空気、雲一つ無い澄み切った晴天。  

アメリカというグロリアスな国。

 

これって、日本人誰もがと言っていい程、憧れを抱くもんらと思うがいの。

俺もそうらし。未だにあっすけ。  

ただの、歴史を振り返りゃ、考えんばならんとこもの。

アメリカという国の成り立ちの現実を観て行けばの。 一応と。

★音楽映像はシネコンに相応しい!

ほいで、このようなライブ映像をベースにした音楽映画は、こいからの時代、
もっと量産さいてもいんじゃねと。 

シネコンの映画館の大スクリーンと大音響で、観てみてえて。あれこれ。

そうらなあ~ 例えば、ユーミンとかのライブらこっつぁの。  

まあ、切りねえろもの。

赤ちゃん、お子ちゃま向けに。若もん向けに。ばさじさ向けに。  

うちの親父なんか喜んで行くがねえろかの。

昭和20年代初頭ぐれえまでの懐メロの映像とからったら。

★射し続ける光のもう一つの意味とは?

ほんでの、竹内まりやのことを、後にSNSの「ウィキペディア(Wikipedia)」で
確認したら、島根県出雲市の生まれで。

そいも出雲大社の正門前とかって。

ええっ~!何じゃそりゃあ~って感じで。 

そのオーラなんか一つに。

もしかして、あの幸福感に包まいた人生は。

そういうのってあると思うて。

ラストの何だこの美しい光はと思った、あの映像の光景は、
その神々しさらったんかなあ~

こりゃまた不思議なもんらなあ~
生まれながらにして、彼女はとても恵まいてたということなんかもしんねえて。


オススメらよ!

Tジョイ長岡(新潟県長岡市)で只今絶賛上映中!

 

 エンターテインメント ブログランキングへ 


ほんじゃね。 

平成31年1月16日


banner (1)  
 
自分のYoutube チャンネル

クリック Jungka N 


をご検索下さい
自分で取材した映像や自作映像作品等がご覧いただけます。

大人気 超デカ盛り!!
大人気の大衆食堂「喜味屋」!!(新潟県長岡市摂田屋)
長岡洋風カツ丼とチャーハンを食すビックリマーク




ぜひご視聴
下さい

話題の「LA LA LAND」観た!興奮冷めやらぬ!Tジョイ長岡


★観た
いやあ~観て目来たいのお~ニコニコ
待望のアメリカミュージカル映画「LA LA LAND ラ・ラ・ランド」
本年度アカデミー賞最多受賞)。

ラララ

Tジョイ長岡
新潟県長岡市)。映画の日に。
その興奮冷めやらぬという感じらろっか。
ばあ~か、いかったてえ~

ああ、もう1回観たかったいのお~
時間が合わんかったんけん。

観客は大きいシアターの中に、ほぼ満員らったて。
年齢層は20代~60、70代ぐらいろっか。
ギャルが多かったいの。

★心を掴むファーストシーン
手法として観るとの、今の若い世代はYoutubeとかで、一頃頻繁に流れたフラッシュモブと言うパフォーミングアートを思い出すがねえかな。
でも、その大元はミュージカルんがあけども。
突然歌ったり、躍ったりすんのはってのはの。

さすがアメリカ映画らいやグッド! 
ゴージャス。
ミュージカル映画のスケール、パワーがちごうすけ。
それをの、ファーストシーンで豪快に見せつけるがいの。
もうここで心ドキドキ掴まいて、どんどん引き込まいて行かさいたて。
心がの、高鳴るがあよ。
自分みてえなの、ミュージカル映画好きにゃ特に堪らんろお~にひひ

★耳に残る華麗なメロディー
全体的なエレガントなエスプリとしてみいればの、ジャック・ドゥミー監督のフランスミュージカル映画「シェルブールの雨傘」「ロシュフォールの恋人たち」が散りばめらいてんのを、どっか感じるがあよ。
この監督がの、もしかすっと尊敬してるがあか、好きんがあかしれんて。

メロディーがの、乗りのいいジャズ調で、すっげえ耳耳に残るぐらいにの、華麗んが。
それは正にの、ミッシェル・ルグランの曲を彷彿とさせるみてえら。
これがの、ほんに心地いいがいのお~ 魅了さいるし、酔わしてくいるがあよ。
いい曲らなあ~

★美しいロケーション
舞台はの、ロサンゼルスらすけ。
一般的なの、アメリカの俗な猥雑さみてえのが削がいた、綺麗げな景色を随所に押さいたロケーションが成さいてが。
羨ましい位にの、抜けるような澄み切った青空、ファンタスティックな黄昏時、ロマンティックな埠頭…
いや実際、ニューヨークに行ったことある身いとしては、実はの、こんげん空気感、光景こそがの、アメリカの本質、良さんがらと思い返さいたて。
だっけん、この捉え方にの、好感が湧いて来てさ。またアメリカに行きてなってくうが。
今度はの、ハリウッドに行ってみてえ~てえ~ のう、おめさん。

★エマ・ストーンKAWAII
アカデミー賞主演女優賞受賞エマ・ストーン演じるヒロインはの、ハリウッドの映画スタジオカチンコにあるカフェでバイトしながら、オーディション受けまくって、女優目指してが。
でもの、中々芽が出んがあて。
そんげん感じで打ちひしがいてる彼女はある日の、耳に、心に残るメロディーを奏でるジャズピアニストの男と出会うがいの。
いや、正確にはの、出会う運命にあったということんがあかもらけど。

エマ・ストーンは、こべこべっとしていて可愛いげで、綺麗らいや。
美人という感じじゃねえ女優んがろも。
個性派女優と言った方が適当んがあかも。一頃目引いた、ゴールディ・ホーンという女優に近けえろか。
この役柄にすっげ嵌まってたて。主演女優賞受賞したのが納得できるがあすけ。
魅力的らよお~
劇中の彼女の心根に、何度かホロリしょぼんとさせらいたりしたしの

★ピアノ演奏を3カ月で習得したライアン・ゴズリング
ピアニスト役のライアン・ゴズリングはの、ピアノ演奏を3カ月で習得したがっつぁ。
たまげるて。
自分もピアノ習ってるすけ、こいがの、如何にスッゲエことらか手に取るように分かるがいの。
10年近く習ってるっけ、そんなりに数曲弾けるようになったがろも、未だに演奏がたどたどしいがあもん自分は(当たり前らこっての。ダラダラ自分のペースで練習してがあすけ。いいがあてえ~)。
ライアンの場合はの、ジャズを弾くがっけん。高度な演奏を要求さいるものらねかてえ。
たぶんの、必死さらとか、集中力が、短期間で完璧に弾けるようになった原動力んがねえろっか。
ほんに、やるいや、おめさん。

★現実のパラレルワールド
ラストはの、あれも一つに現実のパラレルワールドということんがねえろっかのお~
自分の中(記憶、思い出)では、もう一つの理想の時間、未来が流いてるという。
そう解釈すりゃいんじゃねと。
誰にでも可能な。

ラララ (3)


★久々に映画してる

ほいで、この作品は、往年のアメリカ映画ファン(ジェームズ・ディーンの映画等)、ミュージカル映画ファン、ダンスファン、ジャズファンとかの心をつかむろいの。間違いねえと思うて。
そいと、映画にあれこれ詳しいもんもの。この話を、内容をスイスイ理解して観れっがねっか。そうおもたて。

観終わって出てくる時の、どっかのギャルが、久々に映画~って感じののを観たよねと言ってたがあけど、俺もそう思ったて。
こういう感じで、興奮と昂揚感を受けたリアルタイムの作品ていうと、フランス映画「愛と哀しみのボレロ」以来らねっかのお~
サントラCDCDも欲しいしすけ
やったねかのお~ アメリカ映画。マジに映画してたいのお~ いい感じらいのお~

そうらなあ~ 難癖言うなら、アハのヒット曲「テイク・オン・ミ―」のかかるとこらかなあ~
ああいうヒット曲を、別にかけんくてもいかったがねえかのお~(個人的にはの当時、この曲は好きらし、実写をアニメで起こした実験的MVも画期的で好きらったがあけど)。
この映画はやっぱ、全編オリジナル曲で通せばいいねっかてえ~ そいだいけのもんが実際あるがすけ。
どいがあ~て。
そんで、エンドロールはもうちっと遊んでほしかったいの。ソール・バス風とかにしんきゃらこっつあ。
そういうとこは、まあちっと頑張らんば。

しっかしの、エマのセリフで、I hate jazz. があったがあろも、今のアメリカのわけえ連中って、ジャズが好きじゃねえがろっかな。
この日本もそんげんらっけね。ジャズだけじゃねえねかて。
おんなじんがあね、どこもさ。

あとの、エマが乗ってる車が、トヨタのプリウスんがあよ。
誰もがそう、みてえなこと言ってたろも、ほんとんがはてなマーク今、アメリカってはてなマーク
トランプが観たらどう言うろっかなあ~とおもたいの

ちと、たまげたのはの、自分が映画観ながら、英語をさらに聞き取れるようになったことらの。
そいでも日々の努力が実ってがあの。不思議らったて。
よ~し、もっと頑張るいのお~(英語、仏語、露語、中国語、韓国語…)。
偉そうに言うかもらけど、コツを掴めば、何語も覚えらいると思うろいの。

★オススメの高感度高きミュージカル映画
自分はもうの、近年稀に観る好感度たけえ映画、ミュージカル映画らったのは、ほんにマジらすけ。
これは、オススメらよ。観てくんなせえの、おめさんたち!!
自分もまた観てえてえ~

おまけ ↓ Tジョイ長岡 参考映像






エンターテインメント ブログランキングへ 


ほんじゃのダンス

平成29年3月4日



banner (1)  
 
自分のYoutube チャンネル
 

クリック 
Jungka N 


をご検索下さい


自分で取材した映像や自作映像作品等がご覧いただけます。


大人気 超デカ盛り!!
大人気の大衆食堂「喜味屋」!!(新潟県長岡市摂田屋)
長岡洋風カツ丼とチャーハンを食すビックリマーク





ぜひご視聴下さい


目さらに情報ダウン


★堀江貴文氏・創設の
まぐまぐ」で、


有料メールマガジン本

ポスティン ジャーナル  


平成
258から毎週金曜日発行で、スタート
 

皆様のお陰で、187 に到達しました


毎月324円
(5回発行)


★身の周りの話題。人生を生きるための言葉集。

 
ポスティン ジャーナル アイコン

 クリック*詳しくは、こちらをクリック(加入登録できます)



カテゴリー
タグクラウド
ギャラリー
  • ★青島ラーメン食いに「青島食堂 曙店」へ!新潟県長岡市
  • ★青島ラーメン食いに「青島食堂 曙店」へ!新潟県長岡市
  • ★青島ラーメン食いに「青島食堂 曙店」へ!新潟県長岡市
  • ★青島ラーメン食いに「青島食堂 曙店」へ!新潟県長岡市
  • ★青島ラーメン食いに「青島食堂 曙店」へ!新潟県長岡市
  • ★青島ラーメン食いに「青島食堂 曙店」へ!新潟県長岡市
  • イーストウッド監督&主演 映画「運び屋」観た!Tジョイ長岡
  • イーストウッド監督&主演 映画「運び屋」観た!Tジョイ長岡
  • イーストウッド監督&主演 映画「運び屋」観た!Tジョイ長岡


  • ライブドアブログ