延び々々になっちまってた、市の特定保健指導に行って来たが。
てゆうか、俺の気紛れでそうなっちまったがろもの(てゆうか、数年前にきちんとこいまでの自分の意識が大きく変わる診断で確定さいた生まれつきの障害が、そうゆう風にさせちまうがいの)。
あ~あ、治らねえ~なあ~(年下のお友達曰く。はい、治るものじゃないです。それは、病気じゃないので。薬で症状を軽くすることは出来るみたいですがと。淡々と)。

そんなこんなで、市の健康課の方々にも、迷惑かけながらのご指導を賜ってと。

ほんでの、たまげたて、血圧の上が、かなり下がってたて。
測る前に、向こうのあいこれの都合で、ちょい時間があったっけ、読書したがあて(図書館から借いたアラン・ピーズ&バーバラ・ピーズ著 訳:市中芳江「ブレイン・プログラミング」。これ、自分の中でどこかモヤモヤしてた人生における思いが、実は正論らったと認識させらいたが。スッゲエ~本らて。おすすめ!)

読んでたんは、20分くれえかな。そいがいかったんかもしんねえて。
落ち着いたってゆうかの。
いつもらと、ちとバタバタしちまって(こいが、その障害からんもん)、そうゆう中で測ってたすけの。高目で出てたが。
だっけん、ホントうっれちい~

だろもの、下が…
これが曲もんで、放っとくと血栓が出来易くなっがてさ。
気い付けた方がいいろいの(俺もなと)。

あと、運動指導での、目から鱗が。
あのの、朗報でお伝えしようと思ってたがあろもの、息を吐く時に、意識的にお腹を引っ込めるがっつぁ。ゆっくり吐いて吐いて。そうすっとの、腹筋が付くがって。
つまりの、俺んような太鼓腹が、やがて引っ込むとゆうことになあがねっかの。
そうなっと、全身がシェイプさいるとゆうことにもなっがねっか。

今の、日々、こいを実践してがあて。らって、スッゲ簡単なことらねかて。
座ってても、動いてても、ちょい顔と体を捻りながらとか、つま先立ち&歩きとかを取り入れながらとかしての。

ほしたらの、こいまであちこちなんかいてかったとこ(腰、背中、首等)が、ウッソみてえに痛みがねくなって、改善さいて、体がスッキリして、もんのスゲエ体の動きが良くなったがいの。
マジに。ホントらよ。
寝着き、寝起きも相当ようなったて。
信じらんねえ~
そうそう、頭もスッキリしてて。

個人差もあっかもらし、全ての人におすすめとゆう訳にはいかねえかもらろもの。

ほんでの、ゆうてなしたて、特定保健指導を活用しねえ市民が多いと。
特にの、50代以上は、受けた方がイイと思うて。
まずの、市の指定した病院での健康診断をしてかららっけの(こいは有料。れも、至れり尽せりの特定保健指導は無料。そんで、職員の方々がばあ~か丁寧らいの。こりゃ、おすすめすって)。

そんげん感じんが。
快晴の温暖なイイ日らったて(そうゆう日が結構続いてて、あありがてえてえ~)。
心身晴々らこての。


ふくしまえ

新潟県長岡市にて。