QONJAPANの歴史を刻め!!!

ファウンドフッテ―ジで日々感じた事を新潟県長岡市を軸に綴ります! どうぞ宜しく。

自分の人生に歴史を刻んでゆこう!

新作映画

ウディ・アレン監督作品 新作映画「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」観たて!

ニューヨーク生まれ、育ちの金持ちのぼんぼんの男子大学生と、その通う南部の大学の同級生で、やはり実業家の娘らも、ニューヨークに来たことがねえ(結構そうゆう人多いみてえ)、その南部のローコー生まれ、育ちの女子大学生(すっげえカワイイ~)が軸。
二人は恋人同士んが。

れいにーでい

ウディ・アレン監督作品 新作映画「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」
Tジョイ長岡(新潟県長岡市)で観賞!

女子学生は、同大の学生新聞の記者を担当してて、ニューヨークを彼氏の紹介の元訪いて、アポ取ってある新作映画に取り組んでる某有名映画監督の取材に、彼氏とは離れて向こうが(日本に因んでとゆうと、彼女は、黒澤明監督を尊敬してるらしい。つまりは、ウディ・アレンも、黒澤監督が好きってことなんか?)。
こっから話が、二転三転して行くってことんがいの。

その話の展開の持って来方が、いかにもウディ・アレン監督らしいがあて。
何ちゅうか、センスがあっがいの。オサレで品があって、インテリチックつうか。
俺はそこが好きんが。
時折入る音楽の選曲もイイがいの。
大体、アメリカのスタンダードジャズの名曲んがよね。そいは、俺も好きらもん。

ほんで、俺も一度らろも、ニューヨークに行ったことがあって、ここで描かいてる雰囲気そのままって感じ。
ド派手に演出さいた、華美なニューヨークのイメージって、実は、全然ちごうがよね。
どっちかといや、ゴージャスらろも、落ち着いた、現代アートや、ジャズが似合うって感じの雰囲気の街んが。
お伽の国のようなフランスとはちごうて(フランスにも行ったことあっが)、近代的な高層ビルが連ねてがろもの、至って街は、人々もそうらろも、シックな感じんがあて。
その辺を、カメラがよう捉えてんなと思たが。写り込んでる光の感じとかもらて。
そうそう、こうゆう感じらよねと。
自分が観て廻ったとこなんかも出て来たようらし、何か懐かしなって、なったりも。

レイニーデイとゆうことんがろも、基本、アメリカって、どっこも雨が少ねえみてえじゃね。前にも触れたろもの(こいがいいかどうかは、ちっと疑問。水、作物の供給等、あいこれ問題があっじゃね)。
確かに、ニューヨークは、冬に大雪になっ事があっろも、で、俺が行って思たんは、毎日晴れてんじゃねと。
そいも、日本じゃあんま見かけねえ程、澄んだ深いスカイブルーんがあて。そうゆう面は、羨ましくなったもん。
そいでも、雨の多い時期のニューヨークが舞台ってことんがろの(いや、掘り下げりゃ、この雨は、地球温暖化からってことなんか?そりゃちごうか?)。
雨が、そんなに強いメタファーって訳らねえろも、ドラマチックな絵的なポイントなんさ(俺の大好きな映画「ティファニーで朝食を」とかもそうらったよね)。
その降らせ方が、何か渋い、美しいって言ってしまえばイイんかの。
だっけん、雨でもニューヨークはイイねえ~ 息づいてるう~ みてえな思いになっがあて。
上手いよなあ~

描出さいる映画業界の裏の顔は、自身の体験も、もちろん重ねてがあ~ろお~なあ~

あと、やっぱ毎度のことんがろも、ユ〇〇系アメリカ人らっけ、ユ〇〇に絡んだギャグがセリフで入っが。
その男子学生も、どうやらその設定みてえら。てゆうか、出て来るみんなそうなんじゃねと。
そのギャクが、オッモシレエかどうかは、日本人にゃ、ちと微妙かもね。
そいよか、もっとクスクス笑いたなるシチュエーションが、随所にあっがいの。その辺はまた、うめえよなあ~と。唸るがいの。シニカル感含めて。

もうね、何ら奇を衒った映像効果等、全編、全く無し。
じっくりと人間ドラマに徹して描いてるっけ。セリフが活きる、重要ってゆうね。
そういや、往年のアメリカの名画ってそうだったじゃんと(「裸足で散歩」とか)。
そんげんことも、頭にあっがろうの。きっと。
特に、コメディタッチ(ライトコメディ)なラブストーリーの名画が。

期待通りの卓抜な演出もさっことながら、役者陣の演技が、こいまた見事での。ざあ~とらしさがねえがあて。
こうゆう面でも、やっぱ、アメリカってスッゲエわ。層があっついのお~

うめえ具合に畳み込むラストは、ハッピーエンドらっけの(間合いの取り方があったまイイのお~ さっすがらて。そんでの、彼女は、実は彼のペシミスティックな弾き語りに、一発でぞっこんになったがねえかの。ハートを掴まいたんさ。そうゆう表情らった。女って分かんね)。
ああ、こうゆうドラマチックな、ロマンチックな運命、出会い、結ばれ方こそ、憧れの映画の世界ってやつじゃね。
人生こうありてえなあ~とゆう、映画みてえな、夢の世界らこてのお~ だいもが思う。

も一回、セリフとかよく味わいながら観てえな。

地球温暖化で、昔のように梅雨が来たと風流めいた言い方がどっか憚るがあろも、今の時季にピッタリの(こうゆうのを、至極、極上、珠玉とゆうがねえがかの)おすすめのラブコメ映画らて。
Tジョイ長岡で上映中らよ。

新潟県長岡市にて。


映画「アルキメデスの大戦」観たて!Tジョイ長岡


◆圧倒的迫力

映画「アルキメデスの大戦」


Tジョイ長岡(新潟県長岡市)
で観賞!

あるきめですせんざい6

冒頭の戦艦「大和」の場面は、圧倒的な迫力で迫っが。白組の本領発揮のVFXらね。

どっか演出面で、自分も結構気に入ってるクリストファー・ノーラン監督「ダンケルク」が脳裏に浮かんでの。あの音の使い方とかさ。だっけんズガーンって感じでリアルで。目奪われっがあよ。

まあの、映画のファーストシーンは大切らっけ。引き付ける上での。


◆ほんにオモシイ

そっからはグイグイ引き込んでくが。正に人間ドラマがの。

この駆け引きの見せ方が見事で、山崎貴監督、腕上げたもんらなあ~と。ほんにオモシイがあよ。

どうなんだどうなんだとなってさ。

何らかこっちも身が引き締まるような錯覚に捉わいて。椅子の座りを正したりしての。


◆唸るキャスティング

ほんでの、キャスティングが絶妙で良かったがいの。適材適所ってこういうのかもみてえな。うめえがあて、そいぞれの演技が。唸る程にの。それ、そいがもうのスンバラシイが。マジにらて。

ここぞというとこに小憎らしい感じで、小日向文世さん使ってきたり、熟練の橋爪功さんは、もうこれ地らろっていうか、そのまんまをぶつけて来て、そいがまたおっかしくて、さすがらなあ~と。

菅田将輝さんの助手を任務で務める役の柄本明さんの息子の柄本佑さんが、若手ながら、こいまたいい味出してて好感が持てたて。


◆気迫の演技

やっぱ特に光ったんが、そりゃ、菅田将輝さんらろうね。

 あるきめです~


何かの、全身でこの役に懸けてるっていう、もんのスゲエ気迫が伝わってくっが。ヤルナア~!
観に行った実家の親父(87歳)も、たまげてたもん。
特に演技とは言え、あの難しい数式を間違えんでスラスラと、よう覚えたてと。

そんでの、自分中で菅田さんてこいまでは、何かナヨっとした中世的な男らなあ~と思てたろも、そいが一遍で吹っ飛んだて。

そんげんぐれえ男らしさ、男臭さを全面に出してっが。こいがスッゲエねかて。


◆ピッタリのイメージ

そんで、舘ひろしさん。

我らが新潟県長岡市の出身、と来っと、いつものスネオへアー!らねくて、山本五十六元帥!その役での出演!

自分的にはわありいろも、舘さんがこいまで一番、元帥のイメージに合ってがよなあ~と思たて。

あるきめですやまもとげんすい
 

舘さんて、ビリッとした厳しい感じのニヒルなイメージがあっがろも、実際は二枚目でインテリでダンディで、心優しき(特に女性にらか)紳士んがあねかて。その辺も自分ん中にある五十六像にも重なっし(マジ、女性にモテたらちい)、実物の写真からの雰囲気、そう、顔がスッゲよう似てっねかと感心したて。当然、ヘアスタイル等の特殊メイクの技もあっがろもの。そんだけ本人になり切ってるってことなんじゃね。

よく研究してんのが伝わるて。

とんかくの、佇まい、立ち振る舞いがカックイイが。クライマックスの艦上での敬礼はの、男としてすこぶるシビれっれ。


◆息子さんと共演の遺作

そいでの、他に長岡市に関連してんのでは、北村皆雄監督作品 映画「ほかいびと〜伊那の井月〜」で、越後長岡藩を脱藩し、長野県伊那市を終の棲家にした俳人・井上井月役を壮絶に演じた田中泯さんが、いつもの如く重厚な演技を見せっし、大林宣彦監督作品 映画「この空の花 長岡花火物語」に、柄本明さんとご夫婦で出演していた、故・角替和枝(つのがえかずえ)さんが出て来てビクッとなったて。この作品に出てたんかと。そいも今度は息子さんと一緒にと。

今作が遺作になったみてえら。


◆的確な音楽

あとの、物語が展開してく上での重要な役割を果たす音楽佐藤直紀)が的確での。盛り上げるがあて。


こりゃ、ぜひオススメぜってえ映画館で観るべき映画らて。ほんとらよ!
実家の親父も良かったてと!


只今、Tジョイ長岡(新潟県長岡市)大ヒット上映中!

おすすめらいのお~!



 エンターテインメント ブログランキングへ 


ほんじゃね。

平成31年9月12日



banner (1)  
 
自分のYoutube チャンネル

クリック Jungka N 


をご検索下さい
自分で取材した映像や自作映像作品等がご覧いただけます。

大人気 超デカ盛り!!
大人気の大衆食堂「喜味屋」!!(新潟県長岡市摂田屋)
長岡洋風カツ丼とチャーハンを食すビックリマーク




ぜひご視聴
下さい


カテゴリー
タグクラウド
ギャラリー
  • ウディ・アレン監督作品 新作映画「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」観たて!
  • ウディ・アレン監督作品 新作映画「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」観たて!
  • 特別定額給付金つこうてるれえ~ ①
  • 特別定額給付金つこうてるれえ~ ①
  • 特別定額給付金つこうてるれえ~ ①
  • 特別定額給付金つこうてるれえ~ ①
  • 父の日プレゼント~
  • 父の日プレゼント~
  • 床屋に行って来たが。


  • ライブドアブログ