QONJAPANの歴史を刻め!!!

ファウンドフッテ―ジで日々感じた事を新潟県長岡市を軸に綴ります! どうぞ宜しく。

自分の人生に歴史を刻んでゆこう!

新作映画

映画「アルキメデスの大戦」観たて!Tジョイ長岡


◆圧倒的迫力

映画「アルキメデスの大戦」


Tジョイ長岡(新潟県長岡市)
で観賞!

あるきめですせんざい6

冒頭の戦艦「大和」の場面は、圧倒的な迫力で迫っが。白組の本領発揮のVFXらね。

どっか演出面で、自分も結構気に入ってるクリストファー・ノーラン監督「ダンケルク」が脳裏に浮かんでの。あの音の使い方とかさ。だっけんズガーンって感じでリアルで。目奪われっがあよ。

まあの、映画のファーストシーンは大切らっけ。引き付ける上での。


◆ほんにオモシイ

そっからはグイグイ引き込んでくが。正に人間ドラマがの。

この駆け引きの見せ方が見事で、山崎貴監督、腕上げたもんらなあ~と。ほんにオモシイがあよ。

どうなんだどうなんだとなってさ。

何らかこっちも身が引き締まるような錯覚に捉わいて。椅子の座りを正したりしての。


◆唸るキャスティング

ほんでの、キャスティングが絶妙で良かったがいの。適材適所ってこういうのかもみてえな。うめえがあて、そいぞれの演技が。唸る程にの。それ、そいがもうのスンバラシイが。マジにらて。

ここぞというとこに小憎らしい感じで、小日向文世さん使ってきたり、熟練の橋爪功さんは、もうこれ地らろっていうか、そのまんまをぶつけて来て、そいがまたおっかしくて、さすがらなあ~と。

菅田将輝さんの助手を任務で務める役の柄本明さんの息子の柄本佑さんが、若手ながら、こいまたいい味出してて好感が持てたて。


◆気迫の演技

やっぱ特に光ったんが、そりゃ、菅田将輝さんらろうね。

 あるきめです~


何かの、全身でこの役に懸けてるっていう、もんのスゲエ気迫が伝わってくっが。ヤルナア~!
観に行った実家の親父(87歳)も、たまげてたもん。
特に演技とは言え、あの難しい数式を間違えんでスラスラと、よう覚えたてと。

そんでの、自分中で菅田さんてこいまでは、何かナヨっとした中世的な男らなあ~と思てたろも、そいが一遍で吹っ飛んだて。

そんげんぐれえ男らしさ、男臭さを全面に出してっが。こいがスッゲエねかて。


◆ピッタリのイメージ

そんで、舘ひろしさん。

我らが新潟県長岡市の出身、と来っと、いつものスネオへアー!らねくて、山本五十六元帥!その役での出演!

自分的にはわありいろも、舘さんがこいまで一番、元帥のイメージに合ってがよなあ~と思たて。

あるきめですやまもとげんすい
 

舘さんて、ビリッとした厳しい感じのニヒルなイメージがあっがろも、実際は二枚目でインテリでダンディで、心優しき(特に女性にらか)紳士んがあねかて。その辺も自分ん中にある五十六像にも重なっし(マジ、女性にモテたらちい)、実物の写真からの雰囲気、そう、顔がスッゲよう似てっねかと感心したて。当然、ヘアスタイル等の特殊メイクの技もあっがろもの。そんだけ本人になり切ってるってことなんじゃね。

よく研究してんのが伝わるて。

とんかくの、佇まい、立ち振る舞いがカックイイが。クライマックスの艦上での敬礼はの、男としてすこぶるシビれっれ。


◆息子さんと共演の遺作

そいでの、他に長岡市に関連してんのでは、北村皆雄監督作品 映画「ほかいびと〜伊那の井月〜」で、越後長岡藩を脱藩し、長野県伊那市を終の棲家にした俳人・井上井月役を壮絶に演じた田中泯さんが、いつもの如く重厚な演技を見せっし、大林宣彦監督作品 映画「この空の花 長岡花火物語」に、柄本明さんとご夫婦で出演していた、故・角替和枝(つのがえかずえ)さんが出て来てビクッとなったて。この作品に出てたんかと。そいも今度は息子さんと一緒にと。

今作が遺作になったみてえら。


◆的確な音楽

あとの、物語が展開してく上での重要な役割を果たす音楽佐藤直紀)が的確での。盛り上げるがあて。


こりゃ、ぜひオススメぜってえ映画館で観るべき映画らて。ほんとらよ!
実家の親父も良かったてと!


只今、Tジョイ長岡(新潟県長岡市)大ヒット上映中!

おすすめらいのお~!



 エンターテインメント ブログランキングへ 


ほんじゃね。

平成31年9月12日



banner (1)  
 
自分のYoutube チャンネル

クリック Jungka N 


をご検索下さい
自分で取材した映像や自作映像作品等がご覧いただけます。

大人気 超デカ盛り!!
大人気の大衆食堂「喜味屋」!!(新潟県長岡市摂田屋)
長岡洋風カツ丼とチャーハンを食すビックリマーク




ぜひご視聴
下さい

イーストウッド監督&主演 映画「運び屋」観た!Tジョイ長岡


★イイ映画らったなあ~

一瞬たりとも目が離せねえ。

人間ドラマ作りが相変わらずうめえなあ~と。演出!


日本らとまず、勝新太郎、ビートたけしが、イーストウッドを思うと浮かぶがいね。

でも最近らと、黒澤明、大林宣彦にもちけんじゃねと思えて来たりして。


ほんにの、イイ映画を観たなあ~という余韻。

名画らいね。


クリント・イーストウッド監督・主演

「運び屋」

(Tジョイ長岡:新潟県長岡市)


はこび
 


★88歳のイーストウッド監督

アメリカで実際にあった90歳の運び屋の実話を元にしてっとか。

イーストウッドも88歳で、間もなくそれに届くとこ。

どっか身に詰まさいる、共感すっとこもあったがろか。


そいにしても88歳らっけんね。

スッゲよ。


よくもまあ、こんげんオモシレエ~、ハラハラドキドキで、おまけにあれやこれや思い詰まさいる涙々の人間ドラマを、監督できるもんらて。

主役も張ってんけんね。


セリフで、「100歳まで生きるって言えんのは、99歳のもんら」ってのは、スッゲエ実感あったなあ~


俺みてえなペエペエが、言えるセリフじゃねえもん。


日本は人生100歳に入ったとか言ってっろもの。


そいでの、今回観てて、やっぱ確かに老いは隠せねえて言うか、じさ臭くなったて。

歩き方はどっかおぼつかんし、背中が曲がってて、顔が突き出し気味らし(俺も全然下んがろも、そんげん感じになって来てがあて。ウッゲエ~)、白髪で、薄くなって、顔も手もしわくちゃらし。

 

そんなイーストウッドであっても、女好きは変わらんようでさ、ランデブー場面があれやこれやと。

 

実際、こうはあってもモテえがあろうなあ~と。

 

何か分かるて。


そんでの、観客は、男の中年客が多かったがあて。

 

イーストウッドの吐くセリフや態度に、チラホラわれえも起きてさ。



★選曲センスがイイ

自分はの、イーストウッド作品らと、「恐怖のメロディー」が結構印象ぶこうて。

 

そん中でかかる歌、「ミスティ」が好きでさ。

 

この映画もそいがろも、選曲センスも唸るもんがああがいの。

 

しっかし、あん時のオープンカーを海岸線で颯爽と運転するイーストウッドが、カッチョいかったいなあ~



★義侠心

イーストウッドって、やっぱ侍らよねえと言うシチュエーションも。

勝新、ビートたけしもそうらろも、皆悪ぶってがあろも、ベースにあんのが強きを挫き、弱きを助けるのがよね。

義侠心らこっつぁ。


侍、そうらなあ~ 軍人と言った方もイイろっかなあ~ アメリカ的には。

壮絶な戦争体験してきたもんにしてみりゃ、チンピラの若造の脅しの戯言なんざ、そりゃ屁のカッパなんさ。


そいに、命をあっさり捨てっ時は、潔いくてさ。

カッチョイイと言うか、シビレっと言うか。


★遅咲きの人生

一つに流れ的にゃ、ロードムービーってこともあったし、12年間も無視されちまった娘との心の溶解、かみさんへの詫びといった家族との絆を描くことに重きを置いたり、垣間見せっとか、白人ながらも不当な人種差別に対して、その義侠心を見せっとか、俺の大好きな映画、ジョン・フォード監督の「怒りの葡萄」にちけえとこもあったりと思ったり。

 

そいが、俺も40代辺りから、赤ちゃん、お子ちゃまが妙に愛おしなって来て、殊に人生半ば過ぎてからは、映画とか観てて、娘らとか、子供らとか、妻らとか…そのお互いの想いにも涙もろなっちまって。

 

悔いて、心ん中で詫びたり、詫びっしか出来んくて、切ねくて、何のがあろう?どんどんそうなっちまって来てて。

 
90歳になって、ようやく家族の絆を取り戻し出したじさことアール(イーストウッド)に中年の娘(この女優はホントにイーストウッドの実の娘らしい)がクライマックスに、こんじさが夢中になってた花き栽培の仕事をもじって、「遅咲きの人生もあるこてさ」って諭す場面がああがろも、90からでもかよと。その辺の捉え方が、さっすが大らかなアメリカ魂らしいなと思いながらも、自分なりにグッと来たりして。


そんげんことで、劇中でも、ジワジワ涙が出て来たり、鼻グジュグジュらったし、昨年の「15時17分、パリ行き」もそうらったろも、映画が終わって、場内が明るくなったら、またさらに涙と鼻水が溢いて来て。

そいを隠すんのに大変らったがあて。



★花の隠喩が意味するもの

そしての、ここへきて、映画ん中で強調されていたっていうメタファーは、イーストウッドが何を意識してたがあろかと。

最初ん内は、ああ、もしかして、主人公がドラッグ系の栽培を裏の仕事にしてるって設定てことんがあかと思たら、全然ちごうて。

だとすっと、イーストウッドが90歳手前になって、ようやく落ち着きってもんが出て来たんかみたいに。花は、その喩えなんか?穏やかな。

そいとも、自分の人生、同じく同世代の90前後の人々への人生に向けた、手向けの花なんか?

計りしれんがあろも。

 

ああ、映画は、やっぱスゲエや。

観ておいて、ほんに良かったて。

映画「運び屋」

只今、Tジョイ長岡(新潟県長岡市)大ヒット上映中!

おすすめらいの!


 エンターテインメント ブログランキングへ 


ほんじゃね。

平成31年4月9日



banner (1)  
 
自分のYoutube チャンネル

クリック Jungka N 


をご検索下さい
自分で取材した映像や自作映像作品等がご覧いただけます。

大人気 超デカ盛り!!
大人気の大衆食堂「喜味屋」!!(新潟県長岡市摂田屋)
長岡洋風カツ丼とチャーハンを食すビックリマーク




ぜひご視聴
下さい


カテゴリー
タグクラウド
ギャラリー
  • 映画「天気の子」観たて!Tジョイ長岡
  • 映画「天気の子」観たて!Tジョイ長岡
  • 映画「天気の子」観たて!Tジョイ長岡
  • 映画「天気の子」観たて!Tジョイ長岡
  • アルビBB・北信越 Bリーグ アーリーカップ2019 決勝戦へ!
  • アルビBB・北信越 Bリーグ アーリーカップ2019 決勝戦へ!
  • アルビBB・北信越 Bリーグ アーリーカップ2019 決勝戦へ!
  • アルビBB・北信越 Bリーグ アーリーカップ2019 決勝戦へ!
  • アルビBB・北信越 Bリーグ アーリーカップ2019 決勝戦へ!


  • ライブドアブログ