QONJAPANの歴史を刻め!!!

ファウンドフッテ―ジで日々感じた事を新潟県長岡市を軸に綴ります! どうぞ宜しく。

自分の人生に歴史を刻んでゆこう!

日本映画

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(佐藤健・土屋太凰)観た!Tジョイ長岡 健気なヒロインに感涙!


◆硬派の抑制されたラブストーリー

館内は、老いも若気もカップル勢が占めてんのが一目瞭然。

前評判で、大号泣覚悟で臨んだがあけど、そういう濃い目な演出じゃ全然ねかったいの。


映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話
<Tジョイ長岡:新潟県長岡市>

8年


監督は瀬々敬久。 当地でロケもあった、あの映画『64』の監督らて。
そう思って観っと、『64』に通じる演出タッチんがねえかな。
抑制してるって言うかの。硬派らいね。
とは言っても、伝えるべきとこはしっかと見せようとする。それは分かるて。
この映画はの、瀬々敬久の視点の恋愛論、ラブストーリーにもなってると思ったいの。
観客が、そこいらを、どう捉えんだろっかな。

実話なんららかけど、佐藤健土屋太凰の出会いがいいがよね。
さりげなくリアルってやつれさ。

こういう時ってば、わけえ頃にああがよなあ。

飲み会とかでどうも乗れんくて、ちょいふてくさいちまうみてえな。
佐藤健は、そういう雰囲気を演じんのにピッタリらねか。 尖った感じがさ。

でもの、こんげん時に妙に感応してっていうか、逆に気遣ってくいる女性が居っことも、実際あるっていうがあか。

そいが、お互い印象付けさせちまって。
それを自然体での、土屋太凰ちゃんが演じて見せるすけ、しょっぱなから惹きつけられちまうがいの。

彼女が病に倒れてっからの迫真の演技は、マジ気合い入ってんねかと。
土屋太凰って、体育大生ってのもあって、見せる時は、全身でぶつかってくっような姿勢、演技をするいねえ。印象と違ってさ。
ほんに、スッゲエ頑張ってたいのお~

そいでの、母親が、アイドル女優らった薬師丸ひろ子って、時代を感じるなみてえらて。 彼女は、土屋太凰のことをどう観てたがあろっか。

物語の展開とすっと、ヒロイン(土屋太凰)が、植物人間状態に陥る8年もの間の、それを巡る主人公(佐藤健)と、家族(薬師丸ひろ子、杉本哲太)らの対応(リアクション)、視点を、どう引き込まさせて描くがあかが、大きなカギとなるろういの。成功のの。

ここがスッゲエ難しいとこでもあったこっつぁ。

映画という長い時間の中での。
テレビの特番もんなら、短時間の中で濃厚に描けっが、映画はそうはいかねえがあねかて。

例えばの、観た人は分かると思うろも、北野武監督の映画『あの夏いちばん静かな海』では、聴覚障害者の男女(恋人)の日常の心の揺れ動きをの、言葉じゃねくって、観客がグッと感銘を受けるみてえな巧みな映像表現でたたみかけてたねかの。
そこにこその、大きなドラマがあったと思うが。

だっけん、『8年越しの~』は、敢えて辛口に難点を言わせてもらうと、演出による役者の演技が全体的に、若干一本調子になり過ぎてる感が否めねえっかも。
表現の抑制が却って、そうさしちまってんのかもしんねえがあか。
途中々々のエピソードの盛り上がりに尾を引いちまってるようにも思うがいの。
それをの、自分はちょい感じたがあて。
大ファンの皆さんにはわあ~りいろも。


◆もう一度脱皮する物語
しっかし、本当にこんげんことが起ったがあるろっかなあ。
それが観終わっと、まず頭を過るがあて。 信じらんねえって感じで。
完治すんなんて。スッゲこっつぁ。
でもの、あるがあなあ~ こん世の中に。

そいと、これは、もう一度脱皮する物語(実話)でも、ああがよなあ。
そいがあ~て。

この話をの、自分に重ねっと、オフクロがパーキンソン系で10年間病院で寝た切りで、3年前に亡くなっての。
先般には、自分も、人生の岐路のような診断が下っちまって。そいも作年末。
ある生まれつきの障害んが。同系の遺伝が要因と疑われるがあろも。
そいが明瞭になって来たがあて、こん年になって、やっとの。

そんでの、こいまでの自分、こいからの自分の境目となっちまったが。
そのための薬を飲み始めたんが、この元旦からでの。1年の始まりらし。
確かに自分は、今までと、どっか違う気がするがいの。
これまでの自分が、脱皮する服用があっがろうか。

そんげんことも頭に抱いてる中での、この映画を観たということんがあて。
だっけん、奇跡の回復には、重なるもんがあってジーンとなったがあろなあ~
薄っすらと感涙し出しちまって。
特にクライマックスの公園かららろうな。


◆人の思いは永遠にベールの中
そいにしても、あれはニクイ演出らったの、クライマックスのあの土屋太凰のカットバックはの。
健気らねかて。やらて、ほんに。おめさんてば。
こういう瞬間にさ、女性って、もう既に恋に落ちてたりすっがあろうなあ。たぶん。
ここにウッとくんねかや。やらすけ。可愛いねっか、泣けるねっか土屋太凰ちゃん。
ウヒャウヒャ。
ほんに素敵らねかの。

現実には俺も含めて、きっと意外に殆どのもんが、こういう人の思いってのを、全く知らんでいっがあろうなあ~
抱きしめてえなるぐれえな愛おしい思いってのは、いつまでも、永遠にの、ベールの中ってことんがあろう。
母親(薬師丸ひろ子)の娘(土屋太凰)への思いも、そういうことらったねかて。


◆やんわりと心に浸透して来る映画
ほんで、分かってると思うろけども、ラストは結婚すっがあよ。

やっぱのお、人の愛を強く感じると、得ると、人は計り知れない程のスンバラシイ、信じられない大きな真の奇跡ってもんを、現実に起こして行くがあこっつぁ。

そういうことんがあろうのこの実話はきっと。そう思たて。

でもの、ホントいかったこて、実際の二人が幸せになってての、赤ちゃんも産まいててさ、幸せに暮らしてて。

そいがまた、ばかイイねかて。

んな訳での、アバンタイトルも、今作は効いてがあよ。
ちゃんとの、意味があったて。
『8年越しの花嫁 奇跡の実話』。

backnumberのエンディングソング『瞬き』も上手い具合に入って来て、ジワーッと盛り上げてくいるすけの。

今の、こうやって再び思い返してみっと、やんわりと心に浸透してくる映画って思えてくるて。

花嫁


ぜひ、観てみてくんなせの!
Tジョイ長岡上映中! 

*蛇足らけどの、これまで号泣した映画って何らろかと思い返してみたが。
そうらなあ~ 『汚れなき悪戯』『秋津温泉』『沓掛時次郎 遊侠一匹』『ふたり』『マリと仔犬の物語』『オオカミこどもの雨と雪』『この空の花 長岡花火物語』『ラ・ラ・ランド』… う~ん、まらまらあると思うろもの。 

 
★佐藤健 主演【るろうに剣心 京都大火編●伝説の最期編】特別展
/作品発祥地●長岡市(Tジョイ長岡)






 エンターテインメント ブログランキングへ 


ほんじゃね。 

平成30年2月1日


banner (1)  
 
自分のYoutube チャンネル
 

クリック 
Jungka N 


をご検索下さい


自分で取材した映像や自作映像作品等がご覧いただけます。


大人気 超デカ盛り!!
大人気の大衆食堂「喜味屋」!!(新潟県長岡市摂田屋)
長岡洋風カツ丼とチャーハンを食すビックリマーク





ぜひご視聴下さい

大林宣彦監督・戦争3部作 映画『花筐』観た!Tジョイ長岡


花



超絶スゲエ映画!
何かスッゲエ映画らった。
1年ぐれえ観て来た新作映画ん中で断トツ!他の映画が全部吹っ飛んじまったみてえな。

原作・壇一雄/大林宣彦監督作品・戦争3部作

花筐 HANAGATAMI

★第72回 毎日映画コンクール 日本映画大賞、美術賞 2部門受賞!

★第91回 キネマ旬報ベストテン2位!

花


◆際立つキャスティング
物語の軸はの、窪塚俊介満島真之介長塚圭史矢作穂香山崎紘葉門脇麦常盤貴子の7角関係が進んで行くと言った方がいんがろか。
この7人の描き方がの、余りに絶妙で目を見張るがあて。 それぞれが、それぞれの個性を発揮し、存在感を焼き付けるがいの。
窪塚は主人公となっが、語り部ともなるが。

彼らの世界を取り囲む外界、いわゆる脇としてはの、柄本時生村田雄浩武田鉄矢入江若葉根岸季衣池畑慎之介白石加代子、高嶋政宏等んが。
物語を和らげてくいるがあよ。 これがまたの、頗るいいがあて。
だっけん、上手く、巧みに組み合わさいたキャラクター、キャスティングが際立ってがいの。

高嶋政宏は、『この空の花 長岡花火物語』『AKB48:So long!MV(64分版)』の、またあのハイテンション超全開で、クスクス(笑)となっちまうねかの。
いや、それが、待ってましたあ~って感じで、スッゲエ楽しいがあけどの。
これは最早定番があねか。


7角関係の中では、個人的にはの、満島、長塚の存在感は印象深いて。

両者とも初めて観さしてもろたがいの。 殊に後者は、こんげん役者らったがあかと。
今の日本において、とても稀有な存在らねえがかなと感ずる程、異色な雰囲気に飲み込まいたすけ。
大林監督はホント、人をよお~く観てるて。
彼の存在は物語において、かなりのウエイトを占めてる、引き締めてるいの。

花


◆音楽モンタージュ
音楽は、お得意とするモンタージュ効果で進行し続けるがいの。
『野のなななのか』『この空の花 長岡花火物語』は、全体的に葬送曲の印象があるがいの。
それをの、漂わせてると自分は考えるが。
でもまたの、そこにの、とても耳に残る流麗なメロディーがあって、それは芽吹き、生、再生を予感させるがあて。

『花筐』のテーマ曲ともなってると思わいる、クラシック曲(バッハ)は、よく耳にするもの。
そいで思い返したがあけど、満月がシンボリックに映り込むがあろも、その共通性での、フランス映画『ゴダールのマリア』が浮かんだがいの。
この作品も、そういや同曲を使用してて、月と女性をかけてたがあよ。
その雰囲気が何ともいくて。綺麗のが。
好きな映画らったなあ~

とは言え、ゴダールでもねえ、清順でもねえ、寺山でもねえ、フェリーにでもねえ(何か、テレビもねえ、ラジオもねえの吉幾三の歌みてえになっちまったねかの。どうでもいいがあけど)やっぱのお~ A MOVIE 大林映画になってるすけ。


◆死生観による境地!?
映像芸術面は、語り尽くさいてると思うろも、大林監督のいつもの如くの独特な世界らすけ。
ただやっぱりの、ここで思うんは、余命宣告を受けた大林監督の立場んが。
その強い死生観、生と死の狭間に置かれた自身の観る世界ということらこての。
そこが凄味を感じさせるとこんがねえか。

それを練り上げる舞台で、どっか異国の地でもあっかのような九州・唐津(佐賀県)が不可欠らったがろうかも。
そう思えたいの。

『花筐』の7角関係の世界に引き込ませてんのが、脚本、カメラワーク、演出、編集の緻密さらと思うて。 細けえ~ ここにの、驚くがねえろかの。
余命宣告を受けてる中で、よくぞまあここまで追い求め、手を抜かず描出しているパワーに、いやいや、生きてる、息づいてると言った方がいいがねっかな。
それも、鮮明に、真新しく。
それって一体何なんか。 境地!?

大林作品群を観続けて来たもんにすっと、それら集大成と取れるシーンが垣間見れっかもしんねえて。
『いつか見たドラキュラ』『HOUSE』『時をかける少女』…
どっかといや、初期の実験性のたけえ映画の断片らろか。
厭世感といったもんじゃねえがあて。そう思ういの。
むしろの、元に戻る、素に戻る。 そいがねっか。
ファンとすりゃ、そこにも驚かさいると思うがあて。
だっけん、クライマックスは、『HOUSE』のそれと被るが。重ないるが。

ほいで、このイメージの源はの、大林監督の心の中にあったがらと。
殊に衝撃を強く与えた第二世界大戦の戦時下に。
それが複雑に絡み合って、独創性溢れる映像イメージを生み出して来てるがらなと。

不謹慎な話らかもらけど、戦争反対を標榜する大林作品の世界には、そこで生きる人の哀しみ、憎しみ、可笑しさ、愛おしさ…が、一際色濃くなるてことんが。

人として、人間として。 不思議な感覚らこての。
恰も美しさが、そこから放たれてるかの如くにの。 儚い美くしさ。
常に大林監督は、それを求めてるかのようにも見えて来るがあて。
この現世においても。

例え、戦争の影があっても、その時代全てが否定さいるもんらねえろう。

そこにはそいなりの青春時代があってしかるべきで、それらっても、輝きを放ってたはずらろうから。


◆2度と取り戻すことが出来ない儚い時間
しっかし、なぜにこんげんに感涙していたがあろっか。
先に観た、『8年越しの花嫁』も、そいはそいでグッと来たろも全く違うもんらて。
涙に咽ぶ?涙に暮れてゆく?とてつもねえ最果てに… その表現が妥当かもらな。

あんげん時代に生きてた訳らねえすけ、自分にしてみりゃ、どうしてもの、幼少期、青春期が蘇っが。
ああいった時間をもっと大切に、もっとじっくりと観て、考えて生きるべきらったなあ~と、そう思わせてくいたかのような。
そこにの、泣けて来たがあかもしんねえな。
もうぜってえ取り戻すことなんか出来ねえ、今になって、改めて気付くあのすっげえ貴重な時間をさ。その切なさにらこての。
たぶん、誰もがらねえろかの。

どっか、全編読んでねえろも、マルセル・プルースト著『失われた時を求めて』や、映画しか観てねえろも、エミリー・ブロンテの世界、あと、全作読んでねえろも、ドストエフスキーの世界?も彷彿として来っような。


◆アメリカ映画と黒澤映画への敬意
あとの、大林監督は、前述のようにの、『嵐が丘』や、『風と共に去りぬ』…といった往年の名作アメリカ・ハリウッド映画も称賛してんのが伝わって来っような。
殊に戦後の日本に大きな影響を与えた映画にの

どっちかと言えば、映画の基調に感じんのは、そういった映画のゴージャスな感覚、作りじゃねえがろっか。


戦時は敵国で、大林監督のホームタウン、広島に原爆を落としたアメリカの、その絢爛豪華な夢の憧憬の世界の映画に触れた時に感応した、軍国少年だったとも語る大林監督の心の内はどんだけ複雑に推移したがあか。

黒澤明監督への敬意んがあろか、オマージュ?
満島真之介の存在がの、黒澤映画のキャスティングみてえな雰囲気があっが。
どっか、若かりし頃の三船敏郎、仲代達也のような。
武田鉄矢の往診医役は父像なんらろうか。
この場合、志村喬のイメージなんかもしれねえな。『酔いどれ天使』のの。
兵隊の行進のイメージは、『夢』が根底にあっがねっか。


◆必見の戦争3部作!
そいと、戦争3部作の共通項はの、柄本明繋がりの息子・柄本時生や、窪塚俊介、山崎紘葉、常盤貴子、村田雄浩、入江若葉、根岸季衣、細山田隆人、片岡鶴太郎、高嶋政宏、品川徹…の配役らろうな。
12/8の真珠湾攻撃で太平洋戦争が始まるのもそうらな。
締めくくりは、あの耳に深く残るドーンの効果音。


ドーン


ぜひ、オススメらいの!これは必見らて!
Tジョイ長岡(新潟県長岡市)で、まら上映中らすけ、お見逃しなく!


★大林宣彦監督・講演 映像[長岡リリックホール]




 エンターテインメント ブログランキングへ 


ほんじゃね。 

平成30年1月30日


banner (1)  
 
自分のYoutube チャンネル
 

クリック 
Jungka N 


をご検索下さい


自分で取材した映像や自作映像作品等がご覧いただけます。


大人気 超デカ盛り!!
大人気の大衆食堂「喜味屋」!!(新潟県長岡市摂田屋)
長岡洋風カツ丼とチャーハンを食すビックリマーク





ぜひご視聴下さい

カテゴリー
タグクラウド
ギャラリー
  • 映画『ちはやふる -結び-』3回観た!名作!Tジョイ長岡
  • 映画『ちはやふる -結び-』3回観た!名作!Tジョイ長岡
  • 映画『ちはやふる -結び-』3回観た!名作!Tジョイ長岡
  • 映画『ちはやふる -結び-』3回観た!名作!Tジョイ長岡
  • 映画『ちはやふる -結び-』3回観た!名作!Tジョイ長岡
  • 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(佐藤健・土屋太凰)観た!Tジョイ長岡 健気なヒロインに感涙!
  • 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(佐藤健・土屋太凰)観た!Tジョイ長岡 健気なヒロインに感涙!
  • 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(佐藤健・土屋太凰)観た!Tジョイ長岡 健気なヒロインに感涙!
  • 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(佐藤健・土屋太凰)観た!Tジョイ長岡 健気なヒロインに感涙!


  • ライブドアブログ