QONJAPANの歴史を刻め!!!

ファウンドフッテ―ジで日々感じた事を新潟県長岡市を軸に綴ります! どうぞ宜しく。

自分の人生に歴史を刻んでゆこう!

#長岡市

映画「糸」観たて!Tジョイ長岡

春の公開が、新型コロナウイルス感染の余波で遅れ、今夏公開になった瀬々敬久監督作品 映画「糸」。

いと

Tジョイ長岡(新潟県長岡市)で観賞したがいの。

冒頭から、瀬々敬久監督らしからぬ、結構ストレートな表現に溢いてて驚いた(ちと、ざあ~とらしさも、ねくはねえが)。
おいはそいの方が大歓迎らかな。
テンポも俄然はえ~
中島みゆきさんの歌の統一も好感持てっし(流れる曲は、「糸」だけらねえがあよ。そんで、おいは中島さんとゆうと、当時、AM深夜ラジオ音楽番組「コッキーポップ」等から流いて来た「時代」「アザミ嬢のララバイ」がスッゲ好きでさ)。
ただ、役者達の感情露わが伝わりにくい面も若干感じっが(感情とゆうもんは、黙ってても観客の心に深く届く、響くがあて。そいをどう見せっかが演出力、映像表現の極意なんじゃね)。
演じ手が叫んでっから、泣いてっから、観客も同様にとはと、全然ならねえがあて。残念ながらの(観客は心の深淵を探っがあて)。
そんげん簡単なもんじゃねえし、実はまた、簡単でもあっがとも思うがいの。

主人公の菅田将暉さんは、今日まで幅広い役柄を演じてることによって(昨年の映画「アルキメデスの大戦」の演技は、目え見張っもんがあっが)、若手ながら、演技の技量はたけくて、こんことにだいぶ助けらいてんじゃねえかと。こん作品はと。
反面、ヒロインの小松菜奈ちゃんは、キャスティンとしては至極適してっと思うろも、、欲言や、演技面じゃ、どっかまあ~ら深さを感じさせねえってゆうか、どっか軽いってゆうんかなあ~ 松方弘樹さんじゃねえろも、(東映の社長の言葉らちい)役者は不良になれっちゅうか、そうゆう人生経験ちゅうか、あいこれ積み重ねんのも必要なんかもと(ここは、彼女へのに関しててのことらっけ、あくまでも、おいの自論らいの)。そうゆうのが役者、女優として全身にまた、滲み出てくんじゃねえろっか(この理論は、東映の社長の言葉からの受け売りらいの)。れもの、確かに、吉永小百合さんのような存在もあっからね。いつまでも可憐で純真な乙女ってゆうか。そうゆうことも(とはゆうもんも、吉永さんの本来の、真(裏?)の顔なんぞ全く知らんがあし、イメージでゆうのはちごうかもらろも)。
まあの、つまりの、そんだけ期待してがあて。菜奈ちゃんに、おいは。好きな女優らっけさ。あの感じ(フィーリン)はとってもイイもん。らっけん、そっからさらにと思てが。

途中の、ヒロイン(
菜奈ちゃん)の過去同様、辛い過去を持つ、投資家であり、キャバクラも経営する男(斎藤工さん)との関係はの、気いなる展開で、もしや、こん男がDVに向かうがねえろっかちゅう予想に反して、実は相手を思う心根の優しい男ってのがグッと来たがあて。ここはうめえ~

ただの、沖縄の場面じゃ、またこうゆうシチュエーションが入んのかと。
なんか、そん男が、現地の人の踊りを見てて、突然、その輪に入ってゆくという流れ。
これって正直、いんのかなと。前作「8年越しの花嫁  奇跡の実話」同様、そう感じた描写んがあて。監督の思い入れなんかよう分らんろもの。ほんで、なげえし。
ドキュメンタリータッチな表現を狙ってとゆうことなんかなあ~ こうゆうのって、なんらかなあ~(観客は置き去りにさいるってゆうか)

音楽は、中々いかったて。亀田誠治さんの。
心の状態を表す曲が、印象的に素敵に仕上がってて。らっけん、この曲を、色々とアレンジして、もっと使えばいいてがんにとも感じたが。もったいねえ~て。
なんかの、変に場面から、音楽外す必要もねえと思うがいの。芸術映画じゃねえがあしさ。自主製作じゃねえがしさ。商業映画。娯楽映画。エンターテイメントんがっけ。どんどん盛り上げんきゃらろ。
ラブストーリーの定石、鉄則って言っても過言じゃねえて。

てゆうことで、ハッピーエンドか、アンハッピーエンドか、そいはお楽しみっちゅうことで、あとは、自分の目で確かめておくんなさいましいいい~

只今、Tジョイ長岡で、絶賛大ヒット上映中~!


 エンターテインメント ブログランキングへ 




映画「今日から俺は!!劇場版」観たて!Tジョイ長岡

お盆に映画三昧らあ~!
Tジョイ長岡新潟県長岡市)で観て来たれえ~!

映画「今日から俺は!!劇場版」
きょうから

何か観てる途中に、往年の名作任侠映画(松方弘樹兄ィからの呼称をお借りして、鶴田のおっさん、錦兄ィの股旅もんとか)や、時代劇が観てなって。
てゆうか、そいらを下地にしてってゆうか、日本映画の王道らよね。
弱きを助け、強きを挫く。
そいが。こん流れって、今もらよね。日本社会は。究極はさ。俺はそうらと思うて。
らっけん、あん時代のツッパリが闊歩してた時代も、実は大方そうらねかて。
すっげえ分り易い時代らったよね。
ワルはワルらしく自己アピールして。頭のてっぺんから足のつま先まで。
こいが、今じゃ、よう分かんねえ~ 
ワリイことに、全く成り潜めちまって。
ワルの見分けがつかねえがいの。
まあ、そう考えっと、あん頃のワルは、真の悪らねくて、純真らったってゆうか。ワルぶってたとゆうんが、ホントんとこらろ。
そいが時代の歪みと共に、確かに段々崩れて行っちまったってゆうかの。悪質さが際立ち出して(らろも、今も完全に崩れねえとこが、日本のまた良さらよね)。

劇中に、時折入るざあ~とらしいコメディが、ちとやり過ぎって感じで、こん監督の特徴なんかな。
何かスッゲなげえ~し。
ふと思たんが、NHKのウッチャンのコメディ番組「LIFE!」の乗りっちゅうか。
ちとサブイサブイ系の(いや、かなりか…)。
もろ、ムロツヨシさん出てっし(金八こと武鉄兄ィのパロディ。容姿だけ真似ただけって感じ)、佐藤二朗さん(親父役。こうゆう親父、確かに居っかも)出てっしと。
そうゆう意味で何か笑ったし、マジに強烈サブイ感のドッチラケシチュエーションにも(恥ずかちいんで、クスクス腹ん中で大爆笑したっちゅうか。周りの観客がいやにシーンと静まり返ってたんも尚更あって。シッラあ~ ウッケねえ~)。
要するにの、その乗りの同一線上ってゆううんかなあ~
そこ(サブイ感)狙ってくんかと(そいで、どうすんらと)。

賀来賢人さんって、中々器用な役者らよね。今後も目え見張っとこあって。
同じ名作青春映画「ちはやふる」の流れの矢本悠馬さんも、こいまたイイ味出してんなあ~と。ほんに、大活躍らね。貴重な役者らよなあ~ このキャラ。
賀来さんの通う高校の仲間役の柾木玲弥さんもオモシレかった。
女優陣は、まあまあ、結構、俺好みっの方ってゆうかなあ~ なんちゅうかなあ~ そのお…(あんまゆわんでおこっと)。
でもの、そいがよね、あん頃のツッパリ女子高生って、どっか色気があったがよね。ゾクッとくっような。女の匂いもムンムンして、妙に女とゆうもんを感じたがあ~て。
そいを今回、どっか観てて思い返したわ。
悪役、敵役の栄信さんは、そんインパクトある顔付き、のっぽのガッシリしたガタイからも存在感あってさ、柳楽優弥さんは、意外性からの不気味感を醸し出してたと思うて。何かこえかったもん。マジに。

あとさあ~ あん頃って、タ○コ、さ○(コー○ハイ等)、シ○ナー、眉○り、パンチ○ーマ、マスク、マディ○ンス○エア○ーデンのぺしゃんこバッグ、単車、カ○アゲ、万○き、インベーダー、夜遊び… が、必○ア○テムみてえなもんらったねかの。何でそうゆうのが全くねえがろっか?
てな感じかな。

 エンターテインメント ブログランキングへ 




カテゴリー
タグクラウド
ギャラリー
  • 映画「糸」観たて!Tジョイ長岡
  • 映画「糸」観たて!Tジョイ長岡
  • 豊川悦司演ずる山本五十六元帥 登場!映画「ミッドウェイ」観たて!Tジョイ長岡
  • 豊川悦司演ずる山本五十六元帥 登場!映画「ミッドウェイ」観たて!Tジョイ長岡
  • ☆大林宣彦監督作品 映画「海辺の映画館‐キネマの玉手箱 *PG12」観たて!Tジョイ長岡
  • ☆大林宣彦監督作品 映画「海辺の映画館‐キネマの玉手箱 *PG12」観たて!Tジョイ長岡
  • 映画「今日から俺は!!劇場版」観たて!Tジョイ長岡
  • 映画「今日から俺は!!劇場版」観たて!Tジョイ長岡
  • 映画「ぐらんぶる」「コンフィデンスマンJP プリンセス編」観たて!Tジョイ長岡


  • ライブドアブログ