QONJAPANの歴史を刻め!!!

ファウンドフッテ―ジで日々感じた事を新潟県長岡市を軸に綴ります! どうぞ宜しく。

自分の人生に歴史を刻んでゆこう!

夏目漱石

河井継之助「塵壺」、山本五十六・帯刀の書画等、貴重な展示

オフクロのなななのかが先日あり、実家の寺菩提寺(中之島地域)でお経を上げて貰いました数珠
家のオヤジは婿養子(じさまも婿養子)。
オフクロのじさま(つまり大じさま)が、何かの事業をして、新潟県長岡市中心部の越後長岡藩の足軽横丁だった所の家と土地を購入。明治の頃に移り住んだ。
出は、中之島。

だから、実家は足軽横丁に住んでるけど、祖先は越後長岡藩とは何ら関係無し。
むしろ、菩提寺の檀家を観てると、見附市今町、三条市が多いことから、北越戊辰戦争の時に、もしかしたら戦禍に巻き込まれた地域なのかも。そんなことは知る由もないが。
家に言い伝えられてないということは違うのかなあ。

なななのかを無事に終え、オヤジを実家に下ろし、外出ついでに、一人で長岡市の中央図書館へ。 CDを返却するのと、新たにまたCDや本を借りるため。
そんで思い出したんだけど、ここで、

合併10周年記念
「郷土長岡を創った人びと展」が開催中
だったんだ!!

時間もあったもんで、観る目ことに。 

図書館
 

長岡市は、米百俵の故事なんかも有名だけど、昔から多くの偉人が輩出されてきた地域なのである。それだけ数多くの偉人の展示が所狭しと並べられてる。
写真撮影は駄目禁止 駄目。牧野忠精氏も描かれてる徳川十七将ノ図は、いきなり撮れず。
絶対ダメですのでと。きっぱり。幾ら押しても、拝み倒しても。

興味を引いたのは、栃尾地域の富川大塊の書の巨大屏風。これは大迫力。家に置きたい。
山古志地域出身の坂巻善辰に宛てた夏目漱石の自筆の手紙
長岡城の絵画とかで有名な水島爾保布の、顔がニヤける今の漫画のような絵ニコニコ
与板地域出身の有名な画家・三輪晁勢の果物の落ち着いた絵画。
長岡市の昔話の研究家・水澤謙一の遺品のオシャレな帽子、カバン、サングラス。欲しくなった。越路地域出身の東洋大学の創設者で、妖怪博士・井上円了の漢文の自筆の手紙。内容全く分かんね。それに、えらい細けえ~
越後長岡藩軍事総督・河井継之助の諸国旅日記「塵壺」現物
師である岡山県高梁市山田方谷のことが書いてあるページのよう。
そんで、最後まで戦い、恭順せず、打首になった越後長岡藩士・山本帯刀の書画。
富士山を観た印象をそのまま句にしたんだろう。唸ったねこれはグッド!
心が聡明である観点(精神)が見事に伝わる。やはり、昔の侍は、芸術家でもあったんだね。
それに、自分は帯刀のように、裏切ること無く、首を差し出せるだろうか。痛いだろうなあと。
家のオヤジに言わせれば、気が張ってるから痛いなんて感じない。一瞬の事だという。
そう言われてもねえ~ 昔の武士は凄いよ。
裏切り、生きて生き恥を晒すより、死をもって未来永劫に生きる道を選ぶ。
どちらが正しいかは後の世で分かるという姿勢。簡単に真似できないよ俺には。 

ここではまた、山本帯刀の祖先が、山本勘助だったことを確認した。
となると、その山本家の家督を継いだ山本五十六もその血筋に繋がるということになる

新たな発見は、詩人・堀口大学の手紙。
祖先は越後長岡藩の足軽。父の外交官だった堀口久萬一は、その足軽屋敷で育った(ならば堀口大学の祖先も愛知県豊川市辺りに辿るのか)。
何とその家が、長岡市東神田の愛宕町と これがよく分からんとこだけど。
これまた俺の実家の近くだった事は確か
と言う事は、杉本鉞子、スネオへアー、樋口可南子、そして、堀口大学も繋がったと言う事。何じゃそりゃと。
そういう意味で、発見で面白かったねこの企画展。

最後のコーナーに、今や世界的な書道家である金澤翔子さんの「長岡大花火」の巨大な書の実物が。スゲエよマジに。圧倒される。一つ一つの文字がビシバシ決まってるビックリマーク
これはいい方に書いて貰ったねえ~ 長岡市。長岡大花火のスケールも絶妙に書道で表現してると感じる。

この企画展は、8月9日()まで


ぜひ、お出かけを!!


そんで苦言を呈すならば、解説文が分かりづらい。お子ちゃまも分かるようにしてほしいぜ。
それと、展示の仕方が照明も含めて今一工夫が無く、こういう時のために長岡造形大学に協力して貰うべきでは。今の時代、目を引く斬新さは必要でしょ。
あとは、宣伝。全然メデイアに取り上げられてない。
あんなに県内の各有名メデイアに市税を何だかんだと払ってんだから、そういう面は強く言って協力してもらえばいんじゃね。この市税も元は、長岡市民から払われてんだからねと。

この企画展とは関係ないですが、河井継之助の「塵壺」が展示されたので、それに因んで、長岡市中心部にある河井継之助の墓所と、「河井継之助記念館」トワイライト矢印映像をどうぞ!!


 


 

  
エンターテインメント ブログランキングへ 



ほんじゃね侍 
 
平成27年8月8日



banner (1)
 



それと、BIGニュース注目です。

 
NEWYoutube でチャンネルテレビ を持ちました!

クリックN Jungka

qon_icon_I

でご検索下さい!


自分が取材した映像や自作映像作品等がご覧いただけます。



ロシアロシア国旗(ハバロフスク、ウラジボォストーク)に一人で行って飛行機 取材した、

映像ビデオカメラアップ しました。


松たか子、May J. ビックリ? 「アナと雪の女王」 ロシア版?
 "Frozen" Russian version?  
 

ぜひご視聴下さい!



目さらに情報ダウン


★堀江貴文氏創設の
まぐまぐ」で、


自分
の有料メールマガジン本

ポスティン ジャーナル

(ペンネーム:大野田健)

  


平成
258から毎週金曜日発行で、スタート!!

皆様のお陰で、105 に到達しました!!


毎月324円
(5回発行)


★刺激的な話題

 ・亡命者スノーデン氏(元NSC)とアメリカアメリカの陰謀

・柏崎刈羽原発放射能マーク再稼働問題の裏側

・山口県山村連続殺人事件悪に観る日本の未来

・伊那市の井上井月

その他、中国、韓国、ロシアについて等々刺激的に綴ってます。aya


これからも頑張って皆様へお届けします。


ご興味のある方は、どうぞご加入下さい。


ポスティン ジャーナル アイコン

 クリック*詳しくは、こちらをクリック(加入登録できます)


バックナンバーもご購読できます。

 
どうぞよろしくお願い申し上げます!

「夏目家の福猫」半藤末利子著を読む。長岡市中央図書館より


半藤末利子著
「夏目家の福猫」本を読んでる

著者は、夏目漱石の長女・筆子の娘である。
父は、新潟県長岡市出身の小説家・松岡譲(漱石の弟子)。
夫は、NHK等で、歴史解説でちょくちょく登場する作家の半藤一利氏。

この本は、長岡市の図書館から借りた。
実は著者とは、数年前にこの図書館主催の講演でお会いした事がある。
その時、自分が書店で購入したご本人の著作本にサインも頂いた。
これはとても貴重だろうにひひ

今、読書中の本は、エッセイ。
祖父の漱石、祖母の鏡子、母の筆子、父の松岡氏、夫である半藤氏等の事(日常)に触れられているとても興味深いものだ。面白い。
それと、エッセイとはこう書くものかという参考、勉強にもなるグッド! 

夏目家
 
それにしても筆子と松岡氏は本当に深い愛ドキドキで結ばれていたんだなあ。
著者もとても父母を心底愛している。特に父の一番の味方であろう。

東京育ちの筆子が、臨終間際に雪の街・長岡を凄く懐かしんでる心持は、まだそのような人生を自分を歩んではいないが、何となく分かるような気がしてくる。
長岡とはそういう所なのだ。
嫌いになればなる程、同時に好きになっていくような郷愁、懐かしさに包み込まれる。

それはなぜかはてなマーク
凄く寂しい、一人取り残されたかの如くの風景が、何とも気持ち良いような、心地にさせられるような。
そこは一面、雪の世界であったり、灰色になり変わる寸前の晩秋の世界であったり。

ソ連映画カチンコ「惑星ソラリス」(アンドレイ・タルコフスキー監督)に、その心境に近い場面があった。
主人公の記憶として、子供の頃の雪の故郷の映像が印象的に出て来る。
深く強い記憶の断片として。自分にはその描写がとても伝わるのである。
それは、自分もそうだからだ。

それで、この著者も長岡を第二の故郷とされている。
こちらでの幼少期から青春時代までの暮らしにおいて、色々と日々難儀があったのだろうと思われるが。

それにしても読書は良いですよみなさん。本は良い!!
いつでもカバンかばんに1冊ぐらいは入れておきましょう。暇な時に読めばいいんすよ。
有意義な時間潰しに変わりますよニコニコ


吾輩は猫ねこちゃん。である。
新潟県長岡市栃尾地域からの情報

エンターテインメント ブログランキングへ


ほんじゃね

平成27年4月22日


banner (1)
 


それと、BIGニュース注目です。

 
NEWYoutube でチャンネルテレビ を持ちました!

クリックN Jungka

qon_icon_I

でご検索下さい!


自分が取材した映像や自作映像作品等がご覧いただけます。



2013年8
に、ロシアロシア国旗(ハバロフスク、ウラジボォストーク)に一人で行って飛行機 取材した、

映像ビデオカメラアップ しました。


松たか子、May J. ビックリ? 「アナと雪の女王」 ロシア版?
 "Frozen" Russian version?  
 

ぜひご視聴下さい!



目さらに情報ダウン


★堀江貴文氏創設の
まぐまぐ」で、


自分
の有料メールマガジン本

ポスティン ジャーナル

(ペンネーム:大野田健)

  


平成
258から毎週金曜日発行で、スタート!!

皆様のお陰で、 90 に到達しました!!


毎月324円
(5回発行)


★刺激的な話題

 ・亡命者スノーデン氏(元NSC)とアメリカアメリカの陰謀

・柏崎刈羽原発放射能マーク再稼働問題の裏側

・山口県山村連続殺人事件悪に観る日本の未来

・伊那市の井上井月

その他、中国、韓国、ロシアについて等々刺激的に綴ってます。aya


これからも頑張って皆様へお届けします。


ご興味のある方は、どうぞご加入下さい。


ポスティン ジャーナル アイコン

 クリック*詳しくは、こちらをクリック(加入登録できます)


バックナンバーもご購読できます。

 
どうぞよろしくお願い申し上げます!


カテゴリー
タグクラウド
ギャラリー
  • 映画「関ヶ原」観たぜ!V5空手少女・高野万優ちゃんデビュー!
  • 映画「関ヶ原」観たぜ!V5空手少女・高野万優ちゃんデビュー!
  • 映画「関ヶ原」観たぜ!V5空手少女・高野万優ちゃんデビュー!
  • 映画「関ヶ原」観たぜ!V5空手少女・高野万優ちゃんデビュー!
  • 映画「関ヶ原」観たぜ!V5空手少女・高野万優ちゃんデビュー!
  • 映画「関ヶ原」観たぜ!V5空手少女・高野万優ちゃんデビュー!
  • 画期的特撮ヒーロー番組「炎の天狐トチオンガーセブン」観た!
  • 画期的特撮ヒーロー番組「炎の天狐トチオンガーセブン」観た!
  • 画期的特撮ヒーロー番組「炎の天狐トチオンガーセブン」観た!


  • ライブドアブログ