QONJAPANの歴史を刻め!!!

ファウンドフッテ―ジで日々感じた事を新潟県長岡市を軸に綴ります! どうぞ宜しく。

自分の人生に歴史を刻んでゆこう!

小松菜奈

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」 観た!Tジョイ長岡



◆淡々と進む始まり

まず、開口一番、いい映画カチンコらったいねニコニコ
「ぼくは明日昨日のきみとデートする」

ぼく

クリスマスクリスマスツリーらったすけ、割引券使って入ったTジョイ長岡新潟県長岡市)の劇場内はの、周りは、カップルばっか。

自分は気にならんしの、却ってどんなもんかと勉強にもなるし、その方がおもしいねかて。
アクティブな男らろいの。どうらはてなマーク

ほんでの、結構の、哲学的な展開んがいの。

冒頭から、そうらなあ~ 20分位まではの、二人の出会いから始まっての、それから二人の交流の日常が淡々と描かいるがあ~て。

だあすけ、評価の高い事前レビューを聞いてたもんからすっと、一体、この物語は、ホントにこの流れで引き込まれてって、盛り上がって行くがあかなと思ったりすっが。


◆スピリチュアルなパラレルワールドへ
しかしの、こっからがそれはの、ジェットコースターの徐行みてえな一つの溜めで、一気に引き込んで行くお膳立てのようなもんらったと分かってくうがあて。
中々やるいのお~  ばあちゃん。

ちっと、これまでにねえパラレルワールドの世界へ踏み込んでくがいの。
んなもん、ある訳ねえねかのということになるろも(*でもの、アインシュタインの相対性理論からすっと、タイムマシン、いや、ワープが可能らということになってるしの、現在、過去、未来も同一の時間軸上にあるがあやと、捉えることも出来っから)。

こんげんファンタジーらねかのと、単純に完全否定出来ねえ面もあるすけのおめさん。一応の。

それを言うなら、端と端が繋がって一つになってるがあよとか、自分らは、一つんがあ~てとかのセリフからもすりゃ、やっぱの、スピリチュアルに基づいてるってことらねえがかの。

気付いてるもんもだいぶいるろうけど、世界的な大ヒットの様相のアニメ映画「君の名は。」と共通するもんのがあて。
自分的にはどうしてもクリストファー・ノーランの「インターステラー」らいなあ~
そんげん意味で、「インターステラー」は、エポックメーキングな映画らったなあ~

世界の意識はの、よりスピリチュアルなもんに流れつつあるというがあろっかの。

しっかし、この裏返しって何のがあろうはてなマーク
今、俺らには、何が起きてがあろっかはてなマーク

人、全ての命、物事の関係性においての。
何を求めようとしてがあかの生き進む上での。


◆小松菜奈に惚れちまう
役者ではの、主人公の福士蒼汰は、誠実な落ち着いた好青年を演じて見せるいて。

それに比べ、自分は真逆の人間性って言うか、生い立ちからしてそんな人間になるようなもんじゃねえがから。

どっちかと言うと、品行方正な生き方が好きじゃねえがあて。俺はさ。
どっか悪びれてたいとこがあっから。
ちょい福士蒼汰の青年像に、何気取ってやがんだみたいな気持ちも無い訳ではないけどの。

でもの、実際、現実には意外とこういうタイプの若者が多いがいの。ホントらいの。
と言うことで、俺がおかしいんがらと自覚すっがあて。

例えば、親や兄弟姉妹と喧嘩した事があんのかと、最近の20代前後の若い連中に聞くとの、それが、これまで数回とか、1回とか、一度もした事が無いとか、しても口喧嘩までとかというもんばっか。ええっ~!?

妹がいるっていう年下の友人もそうらった。ええっ~!?
ホントなんかい。

家のオヤジ(婿養子)も、実家に居た時は、そんげん事一度もしたことねえてと言うし。
これもええっ~!?

これ聞いて、幼少期の一頃から傍若無人で、極悪で、家の内外で悪態、バイオレンスを繰り返して来た俺が異常らったんかと、数年前から段々と自覚したがあて。
今更の。この歳になって。

バッカじゃね。
そう、甥っ子に蔑まさいるて。アキャキャらあてえ~
恰も当たり前のように思ってたがらかいの。

そんげんもんで、いっちゃん馬鹿が俺らこての。

おかしいがこっつぁ俺は。
あっ、姉ちゃんも、オフクロも、叔父さんも、じさま(婿養子)も、ばさも…

て言うことは、養子のオヤジがいっちゃんまともな人間らったということになるのがいの。

そのおやじがの、おかしければ、笑えばいいねかなんて言うてさ、いいこと言うねかのお~
そうらいのお~ ほんにさあ~

ヒロインの小松菜奈は、タイプらなあ~ ばあ~かイイねかてえ~
可愛げで、エキゾチックで、色白で、綺麗で、身長もあって。
彼女にしてみてえこっつぁの。歳の差すっげえあんがあけど。どうらろうのお~はてなマーク

惚れるがねえかの、男共はみんな。
テレビのCMとかでも彼女を観かけると、見取れちまって。
実はの、前作の「バクマン」の時から引かれてたが俺は

ああ、そっかあ~ だっけん、あれんがあな、福士蒼汰が漫画家を目指すってのは。
そういう繋がりんがあろ、たぶん、絶対そうらて。何だいや。

うんなもんで、彼女に惚れてるとこが自分はあっすけ、ヒロインを切なくさせる状況に一段とホロっとなっちまったがいの、ばあちゃん、あねさま。
可哀想らねかてえ~ 何とかしてやれてえ~ みたいに。
鬼の目にも涙しょぼんらこての。

やばかったてえ~ 
周りのカップル連中を差し置いて、俺がグスグスやったら、何だコイツと思われるかとそん時はコソコソ気にしながら。

だっけんにぃ、今度は、まあちっと落ち着いてからもう一回観目っかな。
そんげんことでの、話にもう一つ入れ込んで集中できなかったとこがあるすけ。

親友役の東出昌大は、さっすがデッコイ。

福士草太もそれなりに身長があんろうけど。
画面観て。デッケエというのが伝わって来たもん。

そんなこともあっての、頼りになる親友を演じてたいの。

彼はの、奥さんの杏と、当地の「河井継之助記念館」に来たがいの。
夫婦して敬愛してくいてるみてえら。スゲエて。
ほんに、ありがてえて。
ご先祖様も喜んでくいるこっつあの。

ぼく (2)


◆切ないラブストーリーーが好き

どっちかと言うとの、自分は、実は、メロドラマやラブストーリーが好きな方んが。

大人のメロドラマならの、フランス映画「男と女」、ソビエト映画「戦争と貞操(鶴は翔んでゆく)」とかスッゲエ好きらし、最近らと青春ラブストーリー映画「ちはやふる 上の句・下の句」が良かったてえ~
はや続編見せてくんねえがあかの。
広瀬すずも、すっごくイイねかのお~

要するに、男と女がの、織りなす切ねえラブストーリーが好きんがあて。
意外らかもしんねえけど。

ドキドキが結実しねえ、それなりにフラれハートブレイク、それなりに愛し合って来た自分の人生に照らし合わしてるがあろっかな。ウヘッにひひ

あれやこれやグダグダ思いながらお話が進む中、俺の鼻の中は、さらにの、グスグス状態なっての。
場内もあちこちからそんげん音が聞こえて来て耳

いやいや、これが大事んが。
感動を与える、泣ける映画を求めてもいんのさ観客(大衆)は。
そういうとこが分かってんきゃらこっつぁダメらの。製作陣は。

お金を払って観るがあすけ、その観客の願望をちゃんと満たしてあげんきゃらこっつぁの商業映画ってもんは。
そういう意味で言うとの、この映画もまあちっとベタでもよかったがねえがかの。べった煮らこての。
もっと酒粕入れんばらすけ。いいかの。

ほんで、この映画はの、そんなりに自分の頭ん中のイマジネーションを膨らませんきゃらすけの。
だあすけ、もしかすっと、小説読んでからの方がいいんのかもらいの。
俺は殆ど予備知識無しで観たけどの。
ネタバレして観んのもイイがねえがろっか。

でもの、作品世界を素直に感じるいことさえ出来りゃ、そいで大丈夫らすけ。
十分伝わって来る内容らて。分かるて。

しっかし、確かによく考えたもんらのお~ こういう展開。全く予想外らったいや
そこに拍手らの俺は。
なあ~るほどお~ そう来たがあかあ~ての。

ヒロインに小松菜奈をキャスティングしたのは、ピッタリらったねグッド!
イメージ的に。俺的にの。
初々しい演技も、切なくて爽やかなこの青春ラブストーリー映画に、プラスになってると思ういの。

エンディングソングback numberの「ハッピーエンド」は、映画を盛り上げる印象的な歌になってたいの。

京都が舞台らったがあけど、それをの、敢えて強調してねかったみてらったのお。
演出意図があるがろうの。どっか特定されない架空の街みたいに。

セリフで、「(京都)みなみ会館」が出て来て、おっ、と。
昔、この映画館へ、それこそ、ルルーシュの「男と女」、フェリーニの「甘い生活」、アントニオーニの「情事」とか観に行ったことがあったすけ。
名画座らったがあ~て。


おまけ ↓ Tジョイ長岡 参考映像








エンターテインメント ブログランキングへ 


ほんじゃねLOVE

平成28年12月27日


banner (1)  
 
自分のYoutube チャンネル
 

クリック 
Jungka N 


をご検索下さい


自分で取材した映像や自作映像作品等がご覧いただけます。

大人気
長岡生姜醤油味・青島ラーメン「青島食堂」
新潟県長岡市宮内駅前本店*東京・秋葉原、新潟市でも食べれます。



ぜひご視聴下さい


目さらに情報ダウン


★堀江貴文氏・創設の
まぐまぐ」で、


有料メールマガジン本

ポスティン ジャーナル  


平成
258から毎週金曜日発行で、スタート
 

皆様のお陰で、177 に到達しました


毎月324円
(5回発行)


★身の周りの話題。人生を生きるための言葉集。

 
ポスティン ジャーナル アイコン

 クリック*詳しくは、こちらをクリック(加入登録できます)


映画「バクマン」大ヒット!若さのエネルギー全開!Tジョイ長岡

映画「バクマン。」の予告を観た時、これが映画カチンコにと。
自分は全然知らない世界。マンガ殆ど読まないんで。
正直、マンガ家志望の者達の映画がヒットすんのかねと。

あの佐藤健が主人公で出てるけど、作品選定間違ったんじゃねとも。
一体何だよこの映画みたいに。
すこぶる自分の中ではどうでもいい映画の部類だった。

それが、キネ旬では三人の批評家が4つ星、新潟日報の佐藤忠男氏も好意的。
ネットレビューやツイッターもすこぶる評判がイイ。面白いとグッド!

こうなって来っと、人間、観たくなってくるというもの。この評判は、映画には大きなウエイト。
現に大ヒットしてる。10~20代の観客が大半を占めてるが。
どんどん世代を超えて、観客が増えてるような気が。
そんで、財布がま口財布が寂しい中、観て目来た。いつものTジョイ長岡(新潟県長岡市)車 

バクマン

*Tジョイ長岡で、現在№1ヒット中の映画「バクマン。」


一言、若さのエネルギーをぶつけて来る、ホロリ目から涙となる青春映画。
誰もが、表現というものに心底貪欲になる高校生二人に、共感させられるだろう。
懐かしいというか、あの頃は、こんな無茶なパワーが漲ってたんだよなあみたいな。
そして、時として映画は、役者やスタッフ達の一生懸命な姿が、素敵な作品に変えたりする。
そんな映画の一つでもあるまいか。

なるほど~ 佐藤健はそれで出演を快諾したのかあ~ 彼の存在感が光る。
映画「るろうに剣心」で共演した神木隆之介とのコンビもイイ感じだ。
この二人は、時代劇という修羅場も潜って来た役者仲間。演技に厚味がさらに増してる。

ご参考にビックリマーク


 

勿論、脇役陣もなかなかのもの。
染谷将太の天才マンガ家ぶりは、ナイスキャスティング。実際、こんな奴が居そうな位に。
そこがこの映画の見所でもあるよな。
マンガ家の伯父役の宮藤官九郎(シナリオライター)と編集長のリリー・フランキー(作家)も現実に出版業界を知り得てる二人だろうから、演技がリアル。見事にはまってる感が。

大根仁監督
の演出も、サカナクションの音楽に合せテンポ良く、貪欲なエネルギー表現としてのCG映像やプロジェクションマッピングによる効果がこちらを惹き付ける。

ヒロインは、小松菜奈
こんなエキゾチックなKawaii子がクラスに居たら、誰もがゾッコンドキドキになるに違いねって。
ほっとく訳ねって。
だから、すんなり主人公とツーカー関係に向かうのは、ちょい捻りがあってもいかったんじゃねと。
高校時代モテなかった俺としてはニコニコ

物語は、週刊少年ジャンプの手塚賞が軸となってる。
手塚賞と言うと、まず思い出すのが、諸星大二郎の「生物都市」(1974)。
凄い衝撃があったし、その絵、テーマに深く感動したものだ。面白かったねえ~
自分も将来漫画家になれたらなんて淡い夢があって、友達とマンガを遊びで描いて喜んでた頃。
これを読んでから、マジに漫画家を目指そうかと思ったもん。
でも、その内やっぱめんどくなって、どうでもよくなって止めたけど。大概そうだよね。
そんなこともまた思い出させてくれた訳。

けれども、「バクマン。」を観終わって、自分は、何か老体の域に入って悶々としていた心に火メラメラを点けられたような衝動が。
と言うことで、老若男女が青春を直球で感じる映画。
ぜひ、ご覧あれえ~!!

おまけビックリマーク

 



エンターテインメント ブログランキングへ 


ほんじゃねマンガ

平成27年10月14日



banner (1)
  


 
自分の Youtube チャンネル


クリック 
Jungka N 


をご検索下さい


自分で取材した映像や自作映像作品等がご覧いただけます。

例えば、ロシアロシア国旗(ハバロフスク、ウラジボォストーク)で取材した、

映像ビデオカメラアップ


松たか子、May J. ビックリ? 「アナと雪の女王」 ロシア版?
 "Frozen" Russian version?  
 

ぜひご視聴下さい



目さらに情報ダウン


★堀江貴文氏・創設の
まぐまぐ」で、


有料メールマガジン本

ポスティン ジャーナル  


平成
258から毎週金曜日発行で、スタート
 

皆様のお陰で、114 に到達しました


毎月324円
(5回発行)


★刺激的な話題

 ・亡命者スノーデン氏(元NSC)とアメリカアメリカの陰謀

その他、中国、韓国、ロシアについて等々刺激的に綴ってますaya

ポスティン ジャーナル アイコン

 クリック*詳しくは、こちらをクリック(加入登録できます)


カテゴリー
タグクラウド
ギャラリー
  • イーストウッド監督&主演 映画「運び屋」観た!Tジョイ長岡
  • イーストウッド監督&主演 映画「運び屋」観た!Tジョイ長岡
  • イーストウッド監督&主演 映画「運び屋」観た!Tジョイ長岡
  • 映画「翔んで埼玉」観たて!Tジョイ長岡
  • 映画「翔んで埼玉」観たて!Tジョイ長岡
  • 映画「翔んで埼玉」観たて!Tジョイ長岡
  • 映画「翔んで埼玉」観たて!Tジョイ長岡
  • 映画「アリータ バトル・エンジェル」観たて!Tジョイ長岡
  • 映画「アリータ バトル・エンジェル」観たて!Tジョイ長岡


  • ライブドアブログ