◆フェアウェル! モモちゃん

小学時に、近くの公園で拾って飼い、14年間生きた三毛猫の猫ちゃん(モモちゃん)ミケちゃんと自分の生活は、20代半ばで終わったしょぼん

モモちゃんは、丘陵地にある東山動物霊園(新潟県長岡市*この辺りは上杉謙信の家来で身長が2m以上もあった大男の鬼小島弥太郎の居城・乙吉城があった一帯)から、きっと自分と、うちの家族をいつも見守ってくれてるだろう。

モモ

そんな訳で、それから云十年の現在まで、猫ちゃんは、自分の人生に全く介在してない。
飼いたい気持ちもあるんだけど、うちのオヤジ(養子)がもう乗る気じゃなくて。


◆昔、日本で重宝されていた猫ちゃん
とか言って、オヤジの子供時代には、常に猫ちゃんが実家に居て、オヤジに一番なついていたとか。何だよと。自慢げに言いやがってと。実は猫は好きだったと。
夜は、いつも布団の中に入れてくれと催促に来て、一緒に安心して寝てたんだそうだ。
寝相が悪くて、モモちゃんに逃げられてしまった俺とは正反対だな(*これぞ、あれこれギャルが去る一因にひひ)。

その頃の日本の農家とかでは、可哀想だけどネズ公ちゃんを捕まえるために、猫ちゃんを好んでどの家庭も飼ってたそう。
オヤジの実家は、田畑合わせて、4町歩6段あった自作農家。
猫ちゃんの役割は、そういう訳で重宝されたのだ。

話を聞く内に驚いたのは、オヤジは家が自作農なので、戦時中も食べ物に困ったことが全然無いんだという。しいて言えば、甘いお菓子(砂糖)が手に入りにくかったぐらいで。
やっぱ人間は、いざとなると自給自足が重要だということか。
一番腹を空かして、飢えて困ってたのは、田畑を持た無い街場(都市)の者達だった。

この話は、マジにビックラこいた あの当時って、誰もが食うに困ってたんだろうかと思ってたから。オヤジの実家では、そんな訳で猫ちゃんも無事に暮らしてたということか。
良かったね、猫ちゃんニコニコ


◆猫ちゃんは人の心を和ませる存在になった
最近の長岡市での猫ちゃんの話題って何かなあ~はてなマーク
それより、あちこちで猫ちゃんの姿を見かけなくなってる気がする。
うちの実家の周りにも昔は良く居たんだけどなあ~ 飼い猫も野良猫も。
どうしちゃったんだろ~!?

そうそう、そんな中で、登場したのが猫ちゃんと出会える猫カフェ
長岡市にも数年前から開店してる。

その一つが、長岡市中心街の新庁舎「アオーレ長岡」(上越新幹線駅・長岡駅前)の左隣り側の角にある安栄館ビルにあるねこカフェ&猫酒場 らて」(新潟県長岡市大手通)というお店。

猫カフェ
猫カフェ (2)
猫カフェ (3)

連日、猫ちゃん好きのお客さんが大勢訪れてる様子。
アオーレでは日々、あれこれイベントが目白押しなんで、そのついでに立ち寄るのもイイかもしんないグッド!きっと、カワイイ猫ちゃん達に出会えるだろう。

猫カフェが日本に登場したのも、これも時代。
時代が変わったんだね。猫ちゃんへの意識も。
今は、人の心を和ませてくれる貴い存在になった。


おまけ ↓ 猫ちゃん映像①




おまけ ↓ 猫ちゃん映像②






エンターテインメント ブログランキングへ 


ほんじゃねsss

平成28年11月28日


banner (1)  
 
自分のYoutube チャンネル
 

クリック 
Jungka N 


をご検索下さい


自分で取材した映像や自作映像作品等がご覧いただけます。

大人気
長岡生姜醤油味・青島ラーメン「青島食堂」
新潟県長岡市宮内駅前本店*東京・秋葉原、新潟市でも食べれます。



ぜひご視聴下さい


目さらに情報ダウン


★堀江貴文氏・創設の
まぐまぐ」で、


有料メールマガジン本

ポスティン ジャーナル  


平成
258から毎週金曜日発行で、スタート
 

皆様のお陰で、173 に到達しました


毎月324円
(5回発行)


★身の周りの話題。人生を生きるための言葉集。

 
ポスティン ジャーナル アイコン

 クリック*詳しくは、こちらをクリック(加入登録できます)