QONJAPANの歴史を刻め!!!

ファウンドフッテ―ジで日々感じた事を新潟県長岡市を軸に綴ります! どうぞ宜しく。

自分の人生に歴史を刻んでゆこう!

神木隆之助

アニメ映画「君の名は。」観た!Tジョイ長岡 超大ヒット上映中!


今も超絶大ヒットしてる長編アニメーション映画ビックリマーク

「君の名は。」(新海誠監督作品)

君の名は。

このタイトルでピンと来る年代までも取り込んだかのように、男女とも年齢層高い観客が、
Tジョイ長岡(新潟県長岡市)場内を埋め尽くしてたんで、入ってまずびっくり!!ウッヘエ~目
この手のアニメ映画でこんな光景は初めてらて。スッゲエ~ておめさん。
先日、12月1日(木)映画の日に行って来たいの。

という自分も高齢者の方に当に入ってんだろうが。何言ってんだ俺と。バッカじゃねにひひ


◆スピリチュアル・ロマンな世界観
ストーリーは、何か大林宣彦監督カチンコの「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」といった作品の流れが反映されてるかのように感じるけど、今の時代的には、先年観た傑作アメリカ映画「インターステラー」に近いものがある気がすんな。
そう、スピリチュアル(霊的)もの。

スピリチュアルと言えば、書籍でもロンダ・バーン著「ザ・シークレット」「ザ・マジック」、ジェームズ&リリー・L・アレン著「思いが人生をつくる」とかを、長岡市の中央図書館や互尊文庫から借りて読んだり(熟読)してたのもあって、このテーマ(世界観)を描くものは、自分は割とすんなり入り込めたて。

人生における愛すべき人の縁とは。出会うとは。
偶然の産物だけど、それは偶然ではないんじゃないか。
神懸かり的な導き、霊的な導きがあってこそ。実は、いつの日か結ばれる運命にあったという。

「君の名は。」は、そういう意味でも時空を超えた壮大なラブストーリードキドキ
ここに人々は、我が身を振り返り、考えさせられちまうんじゃね。自分の現実において。
そんなスピリチュアル・ロマンな想いに、やがて踏み込ませてゆくがいの。
これが観客の心を惹き付けてんじゃね


◆失ってほしくない古里
また、今日までの日本の度重なる自然災害による災禍を意識してて、その祈りの根幹と言うべき願望を、希望を、感動的に描き出してる。そこにもジーンと来るがいの。
人の命の尊さ。その土地で、穏やかに、和やかに、平和に暮らす人の営みの日々。
歴史。伝統文化。原風景。
それは、失ってはほしくないもの。誰の心の中にもあるものなんじゃね。


◆アニメならではのもの
この作品は、緻密に現実の風景を再現してると評価されてるようだけど、とは言っても、そこはやっぱ、どうあってもアニメの情報量となってるて。いや、これはそれでいいがいやと思う。
アニメに実写の再現を求める必要は全然ねえし、この作品の彗星群の場面が美しかったりすんのは、それはアニメならではだからこての。アニメはファンタジーのがあて。
古今東西、ここからは決して逸脱してねえすけの。


◆効果的な挿入歌
RADWIMPSの歌が、随所に印象的に入んのも、意味合いが歌詞と共に効果的に強調されて、物語世界にのめり込ませるいの。
別に不自然じゃねえろいの。むしろメリハリが効いてていいいこっつぁの。


「君の名は。」 現在も大ヒット上映中らてニコニコ
ぜひ、ご覧あれ
!!

自分も、もう一度また観てみたいな。



おまけ ↓ Tジョイ長岡 参考映像






エンターテインメント ブログランキングへ 


ほんじゃね流星群

平成28年12月4日


banner (1)  
 
自分のYoutube チャンネル
 

クリック 
Jungka N 


をご検索下さい


自分で取材した映像や自作映像作品等がご覧いただけます。

大人気
長岡生姜醤油味・青島ラーメン「青島食堂」
新潟県長岡市宮内駅前本店*東京・秋葉原、新潟市でも食べれます。



ぜひご視聴下さい


目さらに情報ダウン


★堀江貴文氏・創設の
まぐまぐ」で、


有料メールマガジン本

ポスティン ジャーナル  


平成
258から毎週金曜日発行で、スタート
 

皆様のお陰で、174 に到達しました


毎月324円
(5回発行)


★身の周りの話題。人生を生きるための言葉集。

 
ポスティン ジャーナル アイコン

 クリック*詳しくは、こちらをクリック(加入登録できます)


映画「バクマン」大ヒット!若さのエネルギー全開!Tジョイ長岡

映画「バクマン。」の予告を観た時、これが映画カチンコにと。
自分は全然知らない世界。マンガ殆ど読まないんで。
正直、マンガ家志望の者達の映画がヒットすんのかねと。

あの佐藤健が主人公で出てるけど、作品選定間違ったんじゃねとも。
一体何だよこの映画みたいに。
すこぶる自分の中ではどうでもいい映画の部類だった。

それが、キネ旬では三人の批評家が4つ星、新潟日報の佐藤忠男氏も好意的。
ネットレビューやツイッターもすこぶる評判がイイ。面白いとグッド!

こうなって来っと、人間、観たくなってくるというもの。この評判は、映画には大きなウエイト。
現に大ヒットしてる。10~20代の観客が大半を占めてるが。
どんどん世代を超えて、観客が増えてるような気が。
そんで、財布がま口財布が寂しい中、観て目来た。いつものTジョイ長岡(新潟県長岡市)車 

バクマン

*Tジョイ長岡で、現在№1ヒット中の映画「バクマン。」


一言、若さのエネルギーをぶつけて来る、ホロリ目から涙となる青春映画。
誰もが、表現というものに心底貪欲になる高校生二人に、共感させられるだろう。
懐かしいというか、あの頃は、こんな無茶なパワーが漲ってたんだよなあみたいな。
そして、時として映画は、役者やスタッフ達の一生懸命な姿が、素敵な作品に変えたりする。
そんな映画の一つでもあるまいか。

なるほど~ 佐藤健はそれで出演を快諾したのかあ~ 彼の存在感が光る。
映画「るろうに剣心」で共演した神木隆之介とのコンビもイイ感じだ。
この二人は、時代劇という修羅場も潜って来た役者仲間。演技に厚味がさらに増してる。

ご参考にビックリマーク


 

勿論、脇役陣もなかなかのもの。
染谷将太の天才マンガ家ぶりは、ナイスキャスティング。実際、こんな奴が居そうな位に。
そこがこの映画の見所でもあるよな。
マンガ家の伯父役の宮藤官九郎(シナリオライター)と編集長のリリー・フランキー(作家)も現実に出版業界を知り得てる二人だろうから、演技がリアル。見事にはまってる感が。

大根仁監督
の演出も、サカナクションの音楽に合せテンポ良く、貪欲なエネルギー表現としてのCG映像やプロジェクションマッピングによる効果がこちらを惹き付ける。

ヒロインは、小松菜奈
こんなエキゾチックなKawaii子がクラスに居たら、誰もがゾッコンドキドキになるに違いねって。
ほっとく訳ねって。
だから、すんなり主人公とツーカー関係に向かうのは、ちょい捻りがあってもいかったんじゃねと。
高校時代モテなかった俺としてはニコニコ

物語は、週刊少年ジャンプの手塚賞が軸となってる。
手塚賞と言うと、まず思い出すのが、諸星大二郎の「生物都市」(1974)。
凄い衝撃があったし、その絵、テーマに深く感動したものだ。面白かったねえ~
自分も将来漫画家になれたらなんて淡い夢があって、友達とマンガを遊びで描いて喜んでた頃。
これを読んでから、マジに漫画家を目指そうかと思ったもん。
でも、その内やっぱめんどくなって、どうでもよくなって止めたけど。大概そうだよね。
そんなこともまた思い出させてくれた訳。

けれども、「バクマン。」を観終わって、自分は、何か老体の域に入って悶々としていた心に火メラメラを点けられたような衝動が。
と言うことで、老若男女が青春を直球で感じる映画。
ぜひ、ご覧あれえ~!!

おまけビックリマーク

 



エンターテインメント ブログランキングへ 


ほんじゃねマンガ

平成27年10月14日



banner (1)
  


 
自分の Youtube チャンネル


クリック 
Jungka N 


をご検索下さい


自分で取材した映像や自作映像作品等がご覧いただけます。

例えば、ロシアロシア国旗(ハバロフスク、ウラジボォストーク)で取材した、

映像ビデオカメラアップ


松たか子、May J. ビックリ? 「アナと雪の女王」 ロシア版?
 "Frozen" Russian version?  
 

ぜひご視聴下さい



目さらに情報ダウン


★堀江貴文氏・創設の
まぐまぐ」で、


有料メールマガジン本

ポスティン ジャーナル  


平成
258から毎週金曜日発行で、スタート
 

皆様のお陰で、114 に到達しました


毎月324円
(5回発行)


★刺激的な話題

 ・亡命者スノーデン氏(元NSC)とアメリカアメリカの陰謀

その他、中国、韓国、ロシアについて等々刺激的に綴ってますaya

ポスティン ジャーナル アイコン

 クリック*詳しくは、こちらをクリック(加入登録できます)


カテゴリー
タグクラウド
ギャラリー
  • イーストウッド監督&主演 映画「運び屋」観た!Tジョイ長岡
  • イーストウッド監督&主演 映画「運び屋」観た!Tジョイ長岡
  • イーストウッド監督&主演 映画「運び屋」観た!Tジョイ長岡
  • 映画「翔んで埼玉」観たて!Tジョイ長岡
  • 映画「翔んで埼玉」観たて!Tジョイ長岡
  • 映画「翔んで埼玉」観たて!Tジョイ長岡
  • 映画「翔んで埼玉」観たて!Tジョイ長岡
  • 映画「アリータ バトル・エンジェル」観たて!Tジョイ長岡
  • 映画「アリータ バトル・エンジェル」観たて!Tジョイ長岡


  • ライブドアブログ