QONJAPANの歴史を刻め!!!

ファウンドフッテ―ジで日々感じた事を新潟県長岡市を軸に綴ります! どうぞ宜しく。

自分の人生に歴史を刻んでゆこう!

竹内まりや

★竹内まりや ライブ映像 初映画化作品 観た!Tジョイ長岡


★竹内まりやのグロリアスな人生

俺とはぜってえ出会わんろうし、おたげえぜってえ過ぎ去るろうて。

好みもあっしの。それはまあ置いといてと。


デビューから、夫となる山下達郎との出会いとか。

世の中にはこういう風な、人生が恵まいてる人が居んだなあ~と。


それをまた、本人が穏やかに振り返れっと。  

だっけん、歌にも、暗さや翳りを、余り感じねえがなと。  

そりゃ、しっとり聴かせるバラードもあるにはあっが、
そう感じはしねえフィーリングんがあて。


妙に、そこにいつもホッとさせらいてるみてえなとこもあって。

山下達郎もそいがあて。

ある意味、殆ど現実感がねえてゆうか。  

ほいと、何らろう、竹内まりやのあの歌声もそうさせっがあろかなあ~

独特の響きらよ(二人供ね)。 

今回観て聴いても、また、そう思たろも。

そいも、こん人の恵まいた天性んがらと思たて。

そういう風に、彼女が、幸福であり続けらいんのは、何々らろうと。 

ラストに流いる映像に、その意味が、もしかしてあんかも。

家族とか、生まいた場所とか。  

あの光景や正に射す光を観てっと、そう思えたが。

 

この締めの映像を観てたら、自ずと何かウルッとなって来たがいの。

そいまでのライブ映像やインサートさいる現在のインタビュー映像の
積み重ねもあって。  

ジーンと来っが。

 

映画の構造的に、こういう持ってき方もあんのかと。

こういう音楽映画もあっかなと。

これはの、そう、竹内まりやのこれまでの人生そのものを表してがあて。  

幸福に満ちたヒロイン、シンガーソングライター、女性、妻…として。

そう、とてもの、竹内まりやというヒロインの、一本のゴージャスで素敵な、
真実の映画らったて。

「souvenir the movie Mariya Takeuchi Theater Live」

竹

観客層は、20代後半~70代前半ぐれえらったかな。
 

そいなりに入ってたし。

この観客、ファン層を観ても、彼女は恵まいてるような。

人はホント、あれこれ色んな人生を歩む訳んがあろも。 

そいと、竹内まりやの人生について、そりゃこっちじゃ計り知れねえもんがあっろうと
思うろもの。

 

同じくつい最近、やはり女性シンガー、
レディ・ガガ主演 映画「アリー スター誕生」を観たがあて。

この作品はこの作品で、ある面、シリアスな凄味というドラマの点では、本作と対極に
あっがあて。  

見応えのある、中々すんばらしい音楽映画らったいの。

★ニューミュージックをライトフィーリングにした

竹内まりやというとの、デビューシングル「戻っておいで私の時間」(ドナ・サマーの歌にインスパイアされたんかな)や「ドリーム・オブ・ユー」を、
リアルタイムでシングルレコード購入して、そん時思たんが、
何か風が変わった感じって言うかの。
 

ニューミュージックも、よりライトフィーリングになったみてえな。
そいが。
彼女かららねえろっか。そういや。  

そいまでらと、どっかま~ら、どことなく暗さを引きずってたみてえな
感じらったがあて。


ほいとの、河合奈保子の「けんかをやめて」「Invitation」のシングルレコードも
こうたし、LP「VARIETY」もこうたがいの。 

そっからあとはワアリイろも、こうてねえろもの(スイヤセ~ン)。

最近じゃ、図書館からベストCD盤借りて聴いたて。  

ああ、あと、映画「劇場版 はいからさんが通る 前編&後編」を観た時に、主題歌を
彼女が作ってて、それ聴いたがあて。良かったいの。


あとの、山下達郎(当時、ラスト・ステップが好きで)。 

妻である彼女のライブで毎回らろう、バックでサポートして支えてる(守ってるって
言った方がイイろか)姿がとても印象的で、近いがよね。

常々、舞台れも、傍に居て繋がってると言うか、アーティストの夫婦で
あんましこういう場面観たことねえよなと。

感心。

この二人の後を追ってんのが、布袋寅泰と今井美樹の夫婦らねえろかなと。


竹 (2)

そんで、思い返したんは、数年前にあった長岡市立劇場での山下達郎コンサートに
行きてかったことらて。 

発売と同時に、直ぐチケット売り切いたがあて。

ああ、観てかったなあ~


★アメリカンポップスが繋ぐもの

竹内まりやは、アメリカに留学してたことや、スタジオ録音をしたこともあって、
原点に帰るみてえに、アメリカを訪れる場面もあっての。 

それもスッゲ幸せそうのがよね。

あの当時に、アメリカ録音してたんもラッキーらねえろか。  

留学が活きたこともあったんかは知らんろもの。


たぶん、LAらと思うろも、そこの中古レコード店に立ち寄って、レコード探しを
すっがよ。 

取り出したんが、バリー・ホワイトのLP。

へえ~ 俺は、氏の「愛のテーマ」が好きらったがいの。  


話によっと、山下達郎は、同じくレコード探しをすっ時、手袋嵌めてやっとか。

なるへそ、早探すためとか、汚さんようにとか、そういうことなんかな。

だっけんの、二人に共通すんのは、アメリカの50年代~80年代のポップスんがあろ。 

一つに繋いでるもんて。

これんがあて。こっからんがあて。  

明るうて、爽快で、気持ちを楽しくさせるポップンな曲。

どっか乾いた空気、雲一つ無い澄み切った晴天。  

アメリカというグロリアスな国。

 

これって、日本人誰もがと言っていい程、憧れを抱くもんらと思うがいの。

俺もそうらし。未だにあっすけ。  

ただの、歴史を振り返りゃ、考えんばならんとこもの。

アメリカという国の成り立ちの現実を観て行けばの。 一応と。

★音楽映像はシネコンに相応しい!

ほいで、このようなライブ映像をベースにした音楽映画は、こいからの時代、
もっと量産さいてもいんじゃねと。 

シネコンの映画館の大スクリーンと大音響で、観てみてえて。あれこれ。

そうらなあ~ 例えば、ユーミンとかのライブらこっつぁの。  

まあ、切りねえろもの。

赤ちゃん、お子ちゃま向けに。若もん向けに。ばさじさ向けに。  

うちの親父なんか喜んで行くがねえろかの。

昭和20年代初頭ぐれえまでの懐メロの映像とからったら。

★射し続ける光のもう一つの意味とは?

ほんでの、竹内まりやのことを、後にSNSの「ウィキペディア(Wikipedia)」で
確認したら、島根県出雲市の生まれで。

そいも出雲大社の正門前とかって。

ええっ~!何じゃそりゃあ~って感じで。 

そのオーラなんか一つに。

もしかして、あの幸福感に包まいた人生は。

そういうのってあると思うて。

ラストの何だこの美しい光はと思った、あの映像の光景は、
その神々しさらったんかなあ~

こりゃまた不思議なもんらなあ~
生まれながらにして、彼女はとても恵まいてたということなんかもしんねえて。


オススメらよ!

Tジョイ長岡(新潟県長岡市)で只今絶賛上映中!

 

 エンターテインメント ブログランキングへ 


ほんじゃね。 

平成31年1月16日


banner (1)  
 
自分のYoutube チャンネル

クリック Jungka N 


をご検索下さい
自分で取材した映像や自作映像作品等がご覧いただけます。

大人気 超デカ盛り!!
大人気の大衆食堂「喜味屋」!!(新潟県長岡市摂田屋)
長岡洋風カツ丼とチャーハンを食すビックリマーク




ぜひご視聴
下さい

劇場版アニメ『はいからさんが通る 前編』観た!Tジョイ長岡


★やっと観たれえ~!

原作・大和和紀 劇場版アニメ映画
『はいからさんが通る 前編 ー紅緒、花の17歳ー
Tジョイ長岡:新潟県長岡市

はいからさん

そりゃ以前から知ってるし、アニメが登場した頃のあの弾む歌も今も耳に残ってるいや。
何ていうかタイトルも軽やかねかて。
とか言って、今回初めて観たという。

当時は、やたらなアニメ増産時代。それも、子供向けから、大人向けへ舵が切らいたみてえな。
そん中にこの作品もあったがあて。
どっかオサレなムードと言うか。

まあ、少女マンガ原作らすけ、ちょい気にはなっても、男からすっと食指は向きはしねえわな。
でも、居たがあよななあ~ 同級生の男で、少女マンガ好きがさ。ほんに。
マジかよと思ったりもしたけどの。

観客だろも、これが、30代以上じゃねかったろか。
殆ど女性客らけど、俺みてえな○代以上のオッサン系もちらほら居たて。

★こりゃオモシレエ~!

作品はの、一言、オモシレエ~!

テンポいくて、ポンポン展開すっが。
アニメ、マンガならではらし、演出(古橋一浩監督)も冴えてるがいの。

観た理由の一つに、昔気になってたんと、前評判が映画雑誌等で良かったのもあるが。
へえ~ そいがあかあ~と。

舞台は大正時代。大正デモクラシー華やかりし頃。
何か今の日本みてえな雰囲気なんかも。
と言うのもの、この時代も女性が元気だったかもしんねんで。
物語の中では、トランスジェンダーなキャラクターも居たりすっし。

もちろん大正の流行、文化とかも、出て来るいの。大正ロマンらの。
これがまた興味引くすけ。

この時代に生きる、お転婆娘で女学生・花村紅緒(声・早見沙織さん)と、イケメンの帝国陸軍少尉・伊集院忍(声・宮野真守さん)のメロドラマってことんがあけど、コメディタッチで、メルヘンチックで、アクションチックで…そいらムードを内在さして、心を引きつける如くにの、魅力的に描き出してゆくが。

そんげん中、やがて時代は、ロシア戦線の厳しい空気に包まれ出して。
こう観っと、大河ドラマでもあるがあよね。

はいから


★なるへそお~ 戊辰戦争の背景も!
興味深いのは、紅緒の家系が戊辰戦争で東軍の旗本の出(越後長岡藩じゃねえよな)。
そいもあってか、彼女はめっぽう強い相当な剣の達人であり、おまけに酒豪で酒乱気味なのが可笑しい。楽しい。
伊集院少尉の家系は、厳格な西軍・薩摩藩の出(薩長)。
だっけんに、そんな歴史の残影も垣間見せるとこがあるがあて。

だどもの、二人はそういう関係性のがあけど、そのずっと昔に、紅緒は伊集院少尉の許嫁(いいなずけ)になる宿命(約束)にあったてことんがっつぁ。
半ば強引みてえな感じらろもの。

あと、この少尉がパツキンなんは、ドイツ人の血が流いてるからんが。

そんな二人の心が、物語が進む内に一つになって行くがあて。
そこに、結構ホロッとさいる演出があれこれ散りばめらいてて、こっちの涙腺を濡らしてくいるが。
ウヘウヘ。

そう思いきや、溜めることなくアニメ的展開で気分を切り替えてくいるのも好感持ったこての。
こいが実写らと、そうはいかんがねっか。

★なぬ!?シベリア出兵!ロシア!

クライマックスは、伊集院少尉が赴くシベリア出兵の話になっが。
てな感じでロシアがどんどん絡んでくうがあよ。
まさかそういう展開になっとはな。思いも寄らんて。

特に、ウオッカをやたらに期待してる酒豪の紅緒(はいからさん)に笑った。

シベリア出兵ねえ~
内のオヤジのオヤっさん(俺にとっては義理の祖父・オヤジは養子なんで)が、若い頃に行ったらしい。

おじいさん
*オヤっさん(義理の祖父、じさま)のその当時の写真。何でらか、これも最近になってオヤジが見せてくいたがあ~よ

この話を、最近になって初めてオヤジから聞いてビックリしたもんだ。ええっ~ うっそお~と。
そんな事、全然知らんかったから。

俺が数年前に一人旅で行ったロシア・ハバロフスク市のロシア人戦没者の巨大な慰霊モニュメントに偶然、どっか自発的にお参りをしたのもそういう流れがあったからんがねえかと。
何かあんなと、内心思ってたらば…

そのオヤっさんは、多くの敵をやっつけて来たと言ってたがらとか(*オヤジが言うにはホントの話んがあかよく分からんがあけどもということんが。ただの、こん時、もしオヤっさんがシベリアで戦死してたら、今の俺は無いってことらねっかの。考えてみりゃ。ウッヒャア~らて!ほんに!)
そりゃ、戦争らもん。勝たんきゃならんし、仕方ねえことんがあけど。

何だか切ねえて。悲しい話らねかの。人と人が殺し合うなんてさ。
相手にも大事な、大切な家族がいるがあよ。やらて。やらもん。

う~ん、ロシアに因縁めいたもんを、こういう事実もあって俺は感じてしまうがいの。分かるろ。
重い話になったろも。

★うへっ!あの曲が流れる!
さて、物語らけど、話進んで、紅緒はめでたく女学校を卒業。
就職を望んだ出版社のイケメンで気難しい編集長・青江冬星(声・櫻井孝宏さん)から依頼さいた、ある米騒動の取材での彼女の突飛な行動を逆に彼に気に入らいた紅緒は、彼の気遣いもあって取材の使命も帯び、一路、ロシアへと旅立つがいの。
なぜんがあかは、お楽しみらこての。

そうそう、ここら辺での、あの耳慣れた懐かしい曲が流れるがいの。オッという感じで。
ハ~イハイハイ~♪

全体の音楽はの、大島ミチルさんのが。
エンディングソング『夢の果てまで』はの、早見沙織さんで、作詞・作曲は竹内まりやさんのがあよ。作品にピッタリの素敵な歌らったて。

★後編が気になるう~!
思えば、紅緒ってよく考えてみっと、俺みてえな人格にも感じたなあ~ このタイプは。

ほいで、特典があって、オリジナルDMを映画館で貰ったいの。

はいからさん

しっかし、こりゃ、後編(加瀬充子監督)が気になるし、早く観てえよ!
来春公開らしいがあけど、絶対観るすけにの!

日本に居るロシア女性の声優のジェーニャちゃん、ユーチューバーのアシヤさん、リザさん、デザイナーのユーリャさんとかも観てくれの!ロシアが出て来るっけん。

皆さんも、ぜひ、おすすめらいの!
Tジョイ長岡
新潟県長岡市)で上映中
らすけ。


Tジョイ長岡 参考映像




エンターテインメント ブログランキングへ 


ほんじゃね。

平成29年11月26日


banner (1)  
 
自分のYoutube チャンネル
 

クリック 
Jungka N 


をご検索下さい


自分で取材した映像や自作映像作品等がご覧いただけます。


大人気 超デカ盛り!!
大人気の大衆食堂「喜味屋」!!(新潟県長岡市摂田屋)
長岡洋風カツ丼とチャーハンを食すビックリマーク





ぜひご視聴下さい

カテゴリー
タグクラウド
ギャラリー
  • 映画「天気の子」観たて!Tジョイ長岡
  • 映画「天気の子」観たて!Tジョイ長岡
  • 映画「天気の子」観たて!Tジョイ長岡
  • 映画「天気の子」観たて!Tジョイ長岡
  • アルビBB・北信越 Bリーグ アーリーカップ2019 決勝戦へ!
  • アルビBB・北信越 Bリーグ アーリーカップ2019 決勝戦へ!
  • アルビBB・北信越 Bリーグ アーリーカップ2019 決勝戦へ!
  • アルビBB・北信越 Bリーグ アーリーカップ2019 決勝戦へ!
  • アルビBB・北信越 Bリーグ アーリーカップ2019 決勝戦へ!


  • ライブドアブログ